fbpx

付き合って7年で妊娠。彼氏に報告すると「おろしてほしい」といわれた。この先どうすべき?

妊娠中のお酒はアリ?ナシ?

10月上旬、独女が集うネット掲示板「OK GIRL」には、「付き合って7年で妊娠をした」という投稿が寄せられました。

付き合って7年も経てば、もはやふたりの関係は‟夫婦同然”。長すぎる春…ではないけれど、相談者のまほさんたちにとって今回の「妊娠」は結婚につながる‟幸せなきっかけ”だったはず。

そんなおめでたい出来事を彼に報告すると、

「結婚するつもりはない、堕してほしい」

とまさかの一言。彼氏とは遠距離恋愛中。妊娠をしてから連絡をとりにくくなってしまい、この先、どうしていけばいいのか悩んでいる、まほさんが選択すべき未来とは…。

彼氏のクズ対応に「誠意が感じられない」と非難殺到!

黒い服を着た三人の女性

掲示板では、まほさんと彼氏の年齢が明らかにされていないので、あくまでも「推測」でしかありませんが、

・交際期間7年
・遠距離恋愛中

という状況を踏まえると、学生時代から交際を始めて、就職で遠距離になったといったところでしょうか。彼氏の年齢は「20代中盤~30代手前」。もう十分、立派なオトナですよね。

7年も付き合っておいて、子どもができた途端、「結婚するつもりはない、堕してほしい」なんて、どんな事情があるにせよ、「身勝手な発言」としか言いようがありません。掲示板でも、

「まずおろして欲しいと言う時点で諦めたほうがいいと思います。その方と一緒になってもきっと幸せにはなれないと思います」
「誠意が感じられません。上手くいくのはちょっと難しいかもしれませんね」
「おろしてほしいと言う時点で最低だと思います。この先もし結婚したとしてもあなたも子供のことも大事にしてくれるとは思えないです」

など、彼氏のクズ対応に非難が殺到しました。

「俺には関係ない!」では済まされない。きちんと「責任」をとらせよう

お金を貯金する女性

まほさんの彼氏に対する非難は続々と寄せられ、

「最低な男。男の両親にも告げるべき」
「中だししたのに生むなってクズですね。慰謝料ふんだくって子供と二人で生きていくのがベスト」

など、相手の両親も巻き込んで、「慰謝料をとるべき」といった現実的なアドバイスも寄せられました。

まほさんがこの先、どんな未来を選択するのかは定かではありませんが、仮に「彼とお別れをして、シングルマザーとして子どもを育てていく」という道を選んだ場合、金銭面での援助は欠かせなくなってきます。

中絶という悲しい選択をすることになると、まほさんには、経済面だけでなく、「精神的・肉体的」にも大きな負担がのしかかります。

まほさんを妊娠させた以上、当然、彼は「そんなの知らない!俺には関係ない!」では済まされません。彼がおなかの子の「親」であることには変わりがないのですから、産むにしてもおろすにしても、何らかの形で「責任」をとらせるべきです。

直接会って、納得いくまで話し合いを!

お金で苦労する男

掲示板では「彼氏と別れるべき」という意見が圧倒的多数を占めましたが、それでも彼との関係を修復し、結婚・出産を望んでいるまほさん。掲示板では、

「会ってきちんと話し合ってみてはどうでしょう?」
「なぜ、彼氏さんがおろしてほしいと言っているのかの理由をしっかり聞いた方がいい。理由によっては、改善の余地があるかもしれませんし、主さんにとってはつらい話が出てくるかも」

と冷静なアドバイスも寄せられました。

女性として最も輝く、貴重な「青春時代」の7年を捧げた相手ですから、そう簡単に「別れ」という選択ができない、まほさんの気持ちもよくわかります。

言うまでもなく、「結婚・出産」は女性の人生を大きく左右するビッグイベントですから、彼とは直接会って、納得いくまで話し合いをすべきでしょう。

まほさんがどんな選択をするにしても、明るい未来が待っていることをお祈りしています。

元記事:付き合って7年で妊娠したのですが、彼は「結婚するつもりはない」

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板