fbpx

遊ばれただけ!夏の終わりに「本命の座」から陥落する女性の特徴

夏を前に彼氏ができたものの、秋にはまた一人……。夏の恋は続かないと思っている人も多いのでは?

できれば 夏の終わり にはしっかり恋のクロージング、すなわち「真剣交際」に結びつけたい!とはいえ、男性も「夏の恋は遊び」と割り切っているワケではありません。男性に別れを決心させる理由があるのです。

では、どんな女性が秋に一人になってしまうのでしょう? 夏の終わり に本命の座から転落した女には、こんな特徴がありました。

イベントがないと話が続かない

海、山、バーベキュー、花火大会、浴衣デート……と、夏は楽しいイベントデートが盛りだくさん。恋愛シーンもアクティブに楽しめる季節です。

しかし、イベントがある時はいいけれど、何でもない日の何でもないデートがしっくりこない二人は、夏の終わりとともに関係もフェードアウトしてしまうようです。

冒頭にあげたようなデートはさほどお金もかからず、恋しているような気持ちにもなりやすいですが、イベントデートじゃなきゃ間が持たないようでは恋も短命に。

「テンションが上がってて考えたことなかったけど、なんで俺はこの子といるんだっけ?」と思われたくないなら、あえてイベントをスルーするのも手。ただ街を歩くようなゆるいデートの中で、二人の相性を測ってみるといいでしょう。

あなたのスペックが足りてなかった

夏は開放的な気分になるし、恋愛への精神的なハードルも下がりがち。そして、異性が隣にいたほうが、楽しいことが多い季節なのもまた確か。そんな時、合コンなどで新しい出会いがあると何となく飛びついてしまうのは、男女問わず「あるある」かも知れませんね。

理想の相手とは言えないけど、一人よりマシ!そんな夏の空気に流されて恋を始める男性は、秋になれば「クリスマスまでには本当に好きな女性と出会いたい!」と言い出します。

私にはちょっともったいないかも?というハイスペックな男性とも付き合う機会のある夏ですが、「そもそも大して好きじゃないし」なんて言わせないよう、ちゃんと彼を惹き付けておきたいものです。

自分の見せ方が上手すぎた

夏の終わり

夏といえば、水着マジック・暗闇マジック・浴衣マジック!実力以上にキラキラした自分を彼に見せることができる季節です。付き合いの長い二人なら、ギャップを見せつけて落とす絶好のチャンスなのですが、出会ってすぐの二人には注意が必要。

最初に可愛い自分、セクシーな自分を見せすぎて、夏の終わりに「こんな子だったっけ?」と思われてしまう残念なケースもあるんです。水着や浴衣なら、女性が無条件に3割増くらいに可愛く見える!という男性も少なくありませんが、夏という「舞台装置」に頼りすぎると後が苦しくなります。

ちゃんと付き合いたい彼ほど、普段着デートを間に挟んでおきたいものです。また、秋の訪れをきっかけに、大胆なイメチェンを計画しておくのもよいでしょう。

恋へのハードルも下がる夏ですが、盛れた自分ばかり見せたり、イベント頼りでは、秋には「なんか違うな」と思われてしまうかも。

水着や浴衣、イベントだけでデートを乗り切らず、きちんと相手を見て、心からデートを楽しむことが秋以降も続く恋には大切です。

【関連記事】

「ヤリ逃げ」と「ひと夏の恋」の境界線を決める4つのポイント

浮かれすぎたらダメ!「夏の恋」をハッピーエンドに変える方法

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板