fbpx

男性の草食化が進むと、需要が高まるサービスとは?

日本家族計画協会が男女5000人を対象に行ったアンケートによると、20代男性の42%が「異性と性交渉を持った経験がない」と答えたそうです。男性の草食化が進む日本。その中で需要が高まるサービスとは。

性に対して積極的な若い女性が増えている!

同調査によると、20代の男性が4割経験なしという一方で、20代女性で未経験者は2割。最近の若い女の子は、性に対して積極的です。私たちDOKUJOの「女子の性」カテゴリも、恋愛に次ぐ人気コンテンツとなっています。

女性が性に対してもっと貪欲になれば、恋愛の主導権を握り、女性がぐいぐい引っ張っていくような、時代になるかもしれません。

現在は、男性をお持ち帰りする肉食女子は少ないですが、近い将来、女性が男性を持ち帰ることが当たり前になるかも。「ヤリ逃げされた」と泣く男性も増えたりして……。

男性の自己処理グッズがますます発達

とはいえ、未経験者が増えているとはいえ、男性の「性欲」自体が無くなった訳ではありませんよね。女性とするに至らずとも、性欲は自分たちで処理をしているようす。

女性との接触が少なくなれば、ご自分で。そんな背景から、TENGAに代表されるような男性の自己処理グッズがますます発達するのではないでしょうか。

女の私には分かりませんが、クオリティもますます上がっていると聞きます。あまりに発達しすぎて、女性が相手にされなくなったら困るのですが(笑)。

女性向けの解消商品は流行る?

女性向けの性関連商品はどうでしょうか。彼氏がしてくれないなら、女性も性欲が解消できるものが充実しそうではあります。

最近では女性向けAVが流行したり、セルフプレジャー(自慰行為のこと)のためのグッズも多く出現。手に取る女性も多いんだそう。

出張ホストや女性向けデリヘルなど、いわゆる女性向け風俗も一部にはありますが、利用している女性はかなり少ないそうです。

女性はお手軽に性欲が解消できればいいというわけではありませんよね。性欲を解消するだけでなく、「愛されている!」と全身で感じて、心の満足も得ようとします。

セルフプレジャーや、好きな人以外としても、欲求不満は解消されるものではないでしょう。よって女性の性欲解消商品は、そこまでマーケット加熱には至らなさそう。

草食系男子が増えると、セックスレス解消に大きな注目が集まる

これから女性からぐっと需要が高まりそうなのが、「セックスレス解消」のための商品サービスです。

結婚する前からセックスレスに悩んでいる人は実に多く、先の調査によると、最近1カ月間に性交渉がない人は、男性31%、女性が34%という結果に。「彼氏はまだ20代なのにしてくれない……」と悶々と悩みを抱える女性は20代にもあふれています。

そんな状況を踏まえ、書籍やカウンセリングをはじめとする、セックスレス解消商材がますます伸びていくのではないでしょうか。積極的にセックスレスを解消しようとするのは女性から。女性が手を引っ張ってカウンセリングに通うという場面も増えそうです。

男性の草食化が叫ばれる昨今。男性向け自己処理グッズと、セックスレス解消の商品サービスに注目を。特に、「セックスレス解消」で検索をする女性が増えるのは間違いありません。

写真:Freedigitalphotos.net</

>

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板