fbpx

【恋愛心理学】食べ物はキケン!?男性の本性がバレバレの「Twitter投稿」

スマホをのぞきこむカップル

本日3月21日は「 Twitter 誕生の日」。いまや2000万人以上が利用している Twitter ですが、そのつぶやきの内容はまさに十人十色。そんなつぶやきを見ると、その人がどんな人なのか想像できるものになっています。

今回はそんな Twitter 投稿から見えてくる深層心理をもとに、男性の本性を探っていきます。

「動物・ペット系」 Twitter はみんなに嫌われたくない

癒される動物の写真をアップしている男性もよく見かけます。彼らが最も恐れているのは「みんなから後ろ指を指されること」。「ペットのイヌがこんなことしてた」といった投稿は「周りといい関係でありたい」などの社会的欲求の表れなのです。

本来、tweet(ツイート)は英語で「さえずり」「興奮」という意味。自分がふと思ったことを発言する場ですが、そんな場で顔色をうかがってあまり嫌う人のいない動物の投稿を続ける様子から、言及される的になりたくない、という深層心理がうかがえます。

「宣言系」 Twitter はみんなから注目されたい

「今日から○○!気合い入れてくぞ~」といった「頑張ります」宣言を投稿する男性もチラホラ。そういった男性は「大勢から尊敬されたい」という承認欲求を持っている可能性があります。クールを装っていても、どこか輪の中心でありたい、リーダー的存在でありたいと思っています。

このような男性に見られるのが自分から立候補する形のリーダーシップではなく、周りから自然と推薦されるような「人気者リーダー」になりたいという願望。「人望を集めたい」という意識によって、周りに向けて宣言を発信するようになるようです。

「RT系」 Twitter は夢を追い求めたい

政治系のツイートや、思わず笑ってしまいそうになる投稿をRTしてシェアする男性からも、承認欲求が強く見られます。なかでも、RTにコメントを付けて投稿する男性は、自分の信念を貫き、夢を叶えて理想の生活を送りたいという大きな野望を持っています。

また、この投稿からは「俺、こんなネタを知ってるんだぞ!」という、情報へのアンテナの高さを反映したいという欲求もうかがえます。夢を追い求めている自分を承認されたい……そんな心理がTwitterにも反映されているようです。

「ポエム系」 Twitter は安定志向

「やっぱり、どこの空も青いんだなと思った」のような、まさにポエム感溢れる「つぶやき」を投稿する男性。どこか奥手な印象を受けますが、実は思慮深く、安定志向の男性が多く見られます。これは、この投稿から「生きていく上で最低限度の欲求を満たしたい」という生存欲求が強くみられるため。

「危険なことなく安定していたい」という安全への願望が強く出た結果、何でもない日常描写のつぶやきが促されると考えられます。無意識のうちに、日々の無事を願う心理が映し出されているのかもしれませんね。

「ごはん系」 Twitter はメンヘラ気質あり!?

毎回毎回、料理をアップしている人は要注意。「3時間並んで○○のランチを食べました」などの投稿をする人は「認められたい」という、自我表出の欲求が強い傾向があります。気軽に「いいね!」を獲得できる手料理や美味しそうな写真に対してリアクションをもらい、そのつながりに安堵を感じるのです。

SNSで何かを投稿するのは頻繁だと嫌われてしまいますよね。そのため毎回の投稿というのはそれなりに大事な写真だったり、それなりに吟味された写真をのせたりするもの。しかし、日々の食事の写真しかアップしないのは「かまってくん」であるとも言えるでしょう。

誰でも、気軽に利用できるTwitter。ちょっとしたお試し感覚で気になる人の投稿をチェックして、彼の「心の声」に耳を傾けてもいいかもしれませんね。

【関連記事】

いいね強要?「モテ度低っ!」と感じるFacebook・Twitterの特徴

Twitterでは別人!リアルだと普通なのに、ネット上で豹変する仮面女子

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板