fbpx

社内恋愛を反感買わずに成就させるためにするべき根回しとは?

職場もひとつの出会いの場です。同じ目標に向かって働く仲間だからこそ、わかり合えることもたくさんありますよね。今回は職場恋愛・結婚経験者の女性から、同僚に祝福される恋愛をするために必要な「事前の根回し」について教えてもらいました。

誘いは慎重に

「徐々に距離を詰めていくことでしょうか。最初は大勢での飲みの場でしっかり話して自分を印象づけた後、少人数での飲み会を企画し、その場で盛り上がって連絡先を知ったところでサシ飲みに誘う……というふうに。でないと『あの子にいきなり誘われちゃったよ』と社内に言いふらされて、自分の立場が悪くなるおそれも」(27歳/IT)

唐突な誘いは危険と心得て。相手の好意を100%感じ取ってから、行動に移すことが大事です。職場恋愛は周りの目もあることから、普通の恋愛以上に丁寧に段取りを踏むことが求められます。

秘密裏に進める

「社内恋愛のうちは、付き合っていることを周囲に秘密にしたほうがいいと思います。興味本位にいろいろ探られたり、噂されたりして、付き合いづらくなりますから。万一別れたときにも気まずいですし、酒の肴になるだけです」(30歳/証券)

とくに社内恋愛が禁止、またはそれに近い職場の場合、交際はオープンにしないほうが賢いでしょう。結婚を決めたタイミングでのみ、報告するのがスマートです。

上司に報告する

「中には交際を内緒にする人もいますが、私は上司に報告しました。周りから聞いて『僕には教えてくれてもいいのに……』と嫌味を言われたくはないですし、信頼できる上司なので、私たちを同じプロジェクトには入れないよう、配慮してくれました。ありがたかったですね」(29歳/公務員)

社内恋愛が禁止されていない職場では「身近な上司に報告する」と答えた人も。あらかじめ伝えておくことで、仕事がやりやすくなることもあるでしょう。

仕事で認めてもらう

「後で交際・結婚が発覚したときに『いいカップルだね』と思ってもらえるよう、仕事を頑張って周りから認めてもらうことではないでしょうか。人望がないと誰も祝福してくれないはずです」(28歳/メーカー)

職場恋愛・職場結婚が周囲に知られたとき、好印象を持ってもらうために、何よりも必要なのは仕事で認めてもらうこと。自分の業務を責任を持って遂行していれば、悪い印象は持たれないはずです。

アラサー女性ですから根回しの習慣はできていますよね。職場恋愛も仕事と同じく“下ごしらえ”をきちんと行って、周りから祝福される職場恋愛・結婚を手に入れてください。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板