fbpx

「もしかして嫌われた?」という不安を上手に解消する方法

aaa

彼氏と付き合っていると「私って本当に愛されているのかな」と、不安になることってありませんか?恋愛をすると嫉妬心、独占欲、猜疑心とモヤモヤした気持ちがフツフツと湧き出てくるものです。

そんな時、彼にストレートに気持ちをぶつけてしまう女子と、自分のなかでうまく気持ちを処理する女子とでは、ふたりの関係はガラリと変わるもの。今回はそんな不安感とうまく付き合う方法についてまとめてみました。

好かれたいと思い過ぎない

恋をしていると「相手も自分のことを好いてくれればいいな」という期待が出てきますよね。それは付き合った後も同じ。相手を好む気持ちがお互いに同じであればあるほど、ふたりの関係は上手くいきやすいものです。

ですが、なかには「相手に嫌われるのが怖い」「相手に好かれたい」という気持ちが強すぎて、彼の顔色ばかり伺ってしまう女子も少なくないのでは?彼を好む気持ちは大切ですが、恋愛は素の自分を遠慮なく出せてこそ成り立つものです。

嫌なことは「嫌」とハッキリと断ったり、些細な悩みでも彼に相談したり。彼とのコミュニケーションを充実させることがお互いの理解につながります。彼との付き合いに不安を感じたら、彼と過ごす時間が減っていないか見直してみては?

相手のことを考えてあげる

一度でも彼を疑ったり、ふたりの付き合いに不安を感じると、フッと「別れ」の二文字がよぎりませんか?そうした感情はそれとなく相手に伝わり、ふたりで一緒にいても居心地が悪く気まずくなってしまうものです。

例え相手が突然デートをキャンセルしたり、会えない日々が続いたりしても、まずは相手のことを考えてあげて。「仕事お疲れ様」と彼を立ててあげながら、「最近なかなか会えていないけど……」とさり気なく自分の気持ちを出してみるなど。

そうした時こそイイ女っぷりを見せることで、男性はあなたのことが魅力的に感じ、おのずと結婚も意識するようになるはずです。理解ある家庭的な女性は、男性が落ち着きを求める女性像でもあるので、不安感を通じて自分をうまく成長させられるといいですね。

自分の魅力を高める

相性のいいカップルほどお互いに切磋琢磨し合っているものです。単に相手の性格、価値観が合うから付き合っているのではなく、お互いにいい刺激をもたらすことで関係が長続きしているケースは少なくありません。

嫉妬心、独占欲、猜疑心といった感情は、そうしたふたりの関係をとても狭いものにしてしまいます。だったら相手のことを信じたうえで、彼に釣り合う女性になろうと日々努力した方が関係は上手くいくはず。

そのためにもファッション、美容に力を入れたり、本や新聞などを積極的に読みながら、知見を広げることは大事です。もしそうした努力を認めてくれない彼と別れてしまったのなら、「もっと自分の魅力を分かってくれる人がきっと現れる」と、気持ちをうまく切り替えることも大切ですよ。

ふたりの距離を縮める恋愛術に

これらのポイントを一度にすると思うと、ちょっと大変ですよね。でも、少しずつでも意識することで、お目当ての彼もきっと見つかるはず。初対面に近い彼との距離を縮める歳にも応用できるので、両想いの恋愛を成功させたい女子はぜひひとつからでもいいので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ