fbpx

男性が追いかけたくなる「逃げ上手」な女になる方法

恋愛に奥手な男性が増えているからといって、女性から積極的に「男女の距離」を縮めようとすると、うまくいかないことがよくあります。

恋愛における女性の役割とは、男性のなかに眠っている「狩猟本能」を呼び覚ましてあげること。男性は生まれつきのハンターと心得て、気になる彼に「なかなか手に入らない……」ともどかしい気持ちにさせる「逃げ上手」な女性を目指しましょう。

電話番号は教えても、自分からは聞かない

男性から電話番号を聞かれたら教えてもOKだけど、彼の番号はもらわないのが鉄則。「俺の番号は……」と言われたら、「登録の仕方がよくわからないから、気が向いたらそのうち電話して」と伝えます。彼があなたに気がある場合は、すぐに電話をかけてくれるはず。

電話がかかってきたら、何時間もつきあったりせずに、「電話くれてうれしかった。でもそろそろ切らなきゃ……」と短めに済ませて、自分から電話を切ること。

赤ちゃんや子犬に夢中にならない

小さい子どもや犬が好きな女がモテるというのは、女性の勝手な思い込みです。彼の気を引くために白々しく「わぁ~~!!食べちゃいたいぐらい……カワイイ!!」とリアクションをとって、その場からいつまでも離れないのはNG。

鋭い男性なら「この女、結婚したいアピールしてるのか?」とげんなりするでしょう。子どもをみかけたら「あら、可愛いわね」と軽く微笑んで、通り過ぎるのがスマート。

「彼だけ」の生活にならない

恋愛をすると、洋服選びからスケジュールの立て方まで「愛するダーリン中心」になる女性がいますが、そんなことをしていると「退屈な女」と見切りをつけられてしまいます。

彼のいる生活に心が躍る気持ちもわかりますが、一方的に突っ走らないこと。

じぶんの生活を大切に、恋愛を両立していきましょう。

決定的なセリフは彼に言わせる

「正式な告白はないけど、セックスには応じる」そんな都合のいい女性は大切にされません。心で通じ合っているから言葉はいらないというのは、勝手な解釈です。

「愛してる」という覚悟ができたら、きっと彼のほうから言ってくれます。それまで焦ってせかしたりせずに、じっと待つこと。

「同棲」や「結婚」もおなじです。さりげなく「つつく」のはOKですが、脅迫したり、責め立てるのは逆効果。彼に言わせたい「セリフ」があるのなら、それにふさわしい女性を目指しましょう。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板