fbpx

やっぱりビッチに見える?女子のTバック、男性はどう思っているか

男性にとってはいやらしい下着の象徴でもある「Tバック」。

シティリビングが行ったアンケートによると、Tバックの下着を持っていると答えた30代女性の割合は、約51.2%。所有者全体の枚数は、平均4~5枚という結果になりました。

2人に1人がTバックを愛用する時代。男性はどう思っているのでしょうか?

そもそも女子はどんな時にTバックを履くの?

まずは、Tバック愛用者の女性にどんな目的で履くのかを聞いてみました。

「ピタッとしたパンツを履くとき。単純に下着のラインが気になるので」(28歳/IT)

「仕事で気合いを入れた時に履くことがある。トイレに入ったときとか、セクシーなTバックをみると、気分があがる」(28歳/広告)

「食い込みに慣れるまでは抵抗があったけど、今では解放感に病みつきになって、生理以外の日は毎日履いている」(30歳/営業)

Tバックといえば、「セックスアピールをあげるアイテム」というイメージが持つ方も多いと思いますが、実際に愛用している女子たちは、色気よりも実用性&履き心地を重視しているようです。

「Tバックは好きだけど、引かれたら嫌なので、彼氏に会う日は普通の下着を履いている」(29歳/アパレル)など、デートの日は“あえて履かない”という隠れTバック女子もいました。

「彼女が履いてたらちょっと……」複雑な男心

続いて、女性のTバックについて男性はどう思っているのか、意見を聞いてみました。

「見た目が清楚でおとなしそうな子が、いざというときにTバックを履いていたらガッカリする」(33歳/営業)

「彼女も履いていますが、別に気にしません。好みの問題だから自分が口出しするものでもないし。まぁ、個人的には白レースが好きですけどね」(30歳/会社経営)

「エロいから好き。でも毛の手入れはちゃんとしてほしい」(29歳/金融)

「女性にはいつまでも純粋無垢な存在でいてほしい」と切望する男性がいる一方で、「別に下着なんてどうでもいい」とどっしり構えた男性もいました。

結局は「個人の好みによる」ということでしょうか。

実用性にこだわってTバックを履く女性とTバックをビッチの象徴と思い込む男性。その溝を埋めるためには、複雑な男心を少し理解して歩み寄ることも大切かも。

彼氏との初めてのベッドインでうっかりTバックを履いてしまった時は、「これだとテンションがアガるの」「女子のファッションには欠かせないアイテムなの!」とひとこと説明を加えてあげると、彼も困惑せずに済むかもしれませんね。

【マンガ解説】婚活のプロが明かす、「結婚できる女とできない女」の決定的な違い
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板