fbpx

恥じらいの中に見せるエロさが肝心!自然にセックスを誘う魔法の言葉

セックスにいきつくまでの流れは、できることなら、男性から誘ってリードしてほしいもの。

でも、彼が奥手の草食系だったり、付き合うまではいかない微妙な関係のときであれば、女性から誘ってみるのも有りではないでしょうか?

そこで、女性から自然にセックスを誘うための言葉をまとめてみました。

「もう少し一緒にいたいな」

女性が「もう少し一緒にいたい」ということは、そういうことですよ。超鈍感な男で無いかぎり、察しがつくはず。

「帰りたくなくなっちゃった」「今日うちに来る?」と同様にベタな誘い方だけど、これくらいわかりやすくストレートに伝えないとわかってくれない男性もいますからね。

何より、男性の妄想を膨らませて、一瞬でその気にさせることができちゃいます。

「新しい下着買っちゃった!」

草食系 or セックスレスの彼にはちょっと露骨なアピールで攻めてみましょう。

彼好みの下着を身につけて、「新しいの買っちゃったんだ!」と肩ひもをチラッと見せてみる。ブラジャーの肩ひもって男性の視線を釘付けにしちゃうほど、絶大なエロ効果を持っています。

これで彼がその気にならないのであれば、すでに女として見られていないのかも……。

「もしかして疲れてる?」

どれだけ性欲が強い男性でも、仕事で疲れているときや、ストレスや悩みが溜まっているときは、性欲が激減してセックスする気が起こらない場合もあります。

「もしかして疲れてる?」と、彼のことを気遣いつつも、セックスができる状態なのかどうかを確認!

「そんなことないよ」「全然元気だけど?」と言われたら「じゃあ……」と恥じらいを見せながらも、彼を誘ってみましょう。

「本当に好きな人にしかこんなこと言わないよ」

自分から誘ってみたものの、誰かれかまわず誘う軽い女だと思われるのは心外ですよね。

そう思われないためにも、照れながら誘ったあとに「……本当に好きな人にしかこんなこと言わないよ」と一言つぶやいてみましょう。

恥じらいながらも、一生懸命に誘う彼女の姿を見たら、おもわず彼もそのまま押し倒したくなるはず!

「したいな……」

何を言ってもその気にならない彼には、ストレートにしようと誘ってみる!

でも、「セックスしたい!」「今夜はしたいの!」では、雰囲気も色気もでません。そうではなく、「したいな……」とだけ伝えて、あえて何をしたいのかは口に出さず、彼を興奮させちゃいましょう。

誘うときから前戯は始まっています。雰囲気を大切にして、エロさを出すことをお忘れなく。

女性からセックスを誘うためのコツは、恥じらいながらもさり気なくエロさを見せることです。 間違っても肉食女子オーラを全面的に出した強引な誘い方をしないように。

雰囲気を壊さずに、彼をその気にさせる誘い方をしてみましょう。

写真:Freedigitalphotos.net

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板