fbpx

ベッドインせず、大切な「体の相性」を知る5つの方法

付き合う上で「体の相性は大切」という噂を耳にしたことはありませんか?でも、エッチなことにあまり興味がない女性にとっては、正直「どうして……?」と疑問を持つ女子も多いはず。

ただ、体の相性から分かることって、あなたが考えているよりも意外と多いかもしれません。

今回は、そんなエッチなことにあまり興味が薄い女子に向けて、あえて「体の相性が大切」と言われる理由についてまとめてみました。

お互いにきちんと思い合っている証拠だから

本来エッチというのは、本当に好きな人とする特別なものですよね。

カップルによってエッチをするタイミングは実に様々ですが、エッチを通じてふたりの関係がより一層深まるというのは共通しているはずです。

それこそ付き合ってデートを重ねて、お互いのことを本当に心の底から理解して「好きだ」と思ってするエッチは、それだけ特別感があるもの。

「相手のことを大事にしたい」「もっと相手のことを実感したい」と思う気持ちが強くなるほど、自然とセックスは盛り上がるでしょう。

「体の相性がいい」と聞くと、ついテクニックや快感のイメージが先行してしまいがちですが、大切なのは心の問題なのです。

また、こんな経験談を耳にしたこともあります。

元彼と別れたあとに一晩だけ体の関係を持ってしまったことがあったそう。元々セックスの相性が良く、付き合っている時も性生活は充実していた二人。

しかし、別れたあとのセックスは当時とは全く違い、不思議と気持ちの良いものではなかった。

つまり、この女性はすでに元彼には気持ちがなく、そんな心情がセックスの相性にも関係してしまったということです。

付き合っているときに「体の相性がいい」と感じていたのは、お互いがきちんと想い合っていたからなのかもしれせんね。

心の相性と一致している可能性が高いから

Togetherness is what we love the most

そもそも体の相性がいい男女は、心の相性が一致している可能性が高いものです。というのもセックスというと、一般的には挿入、オーガズムに達することが目的になってしまいがち。

しかし、気持ちのいいセックスをするためには、必ずしもこれらが必要なわけではありません。

むしろお互いの緊張を解くために、どれだけリラックスしてエッチができるか。そのための雰囲気作りやリードの仕方といったものが大切になってくるはずです。

単にエッチをしたというだけでは消化不良になってしまい、気持ち良さとは程遠いもの。そのため体の相性がいいということは、結果的に心の相性がいいという可能性がありそうです。

本来エッチは好きな人と付き合ってからするものですが、人によっては付き合う前にエッチをして、その後付き合うという男女もいますよね。

そのような恋愛のパターンがあるのも、エッチを通じて心の相性を実感したカップルが少なくないからかもしれません。

 

体の相性が大切!と言われている理由について、考えられるふたつの可能性を挙げてみました。

セックスの価値観は男女によって様々。セックスの価値観が合わないと、異性としての関係も上手くいかない可能性はものすごく高いといえます。

ベッドインせず「体の相性」を知る5つの方法

では、体の相性はどうやって見極めたらいいのでしょうか。

今回は、ベッドインせずとも相性の良し悪しを見極めるポイントのをご紹介します。

会話のテンポが合う

まず、彼と話している時のことを思い出してみてください。きちんと会話のキャッチボールができていますか?お互いの話をきちんと聞き、会話を広げることができていますか?

もしできているのであれば、体の相性も良い可能性が高いです。

会話もベッドでの行為も、同じコミュニケーション。どちらも相手の反応を見て、次の一手を考えるものと言えるでしょう。

つまり、基本的な動作は同じと言えるのです。そのため、彼との会話に違和感がなく、むしろ心地よくて楽しいと感じるのであれば、体の相性も良いと言えます。

ちなみに、沈黙が気まずくないというのもポイント。会話の合間に沈黙があっても大丈夫、そのくらいの沈黙は気にならないということも、会話のテンポに含まれるからです。

逆に、会話の内容が噛み合わなかったり、どちらかが気を遣って会話をリードしようとする場合は、体の相性も期待しない方がいいかもしれません。

食事をしていて心地よい

Couple having a breakfast in bed

人間の三大欲と言えば、睡眠欲、性欲、そして食欲です。その意味でもこれら3つの欲求は関連があり、体の相性を見極める上でもポイントとなってきます。

その中で、付き合う前でも体の相性を確認できるのが食に関して。彼との食事の「場」が楽しければ、体の相性も良いと言えるでしょう。

相性の良し悪しを見極める上で、食の好みについてはよく聞くかもしれません。それだけでなく、食べ方も判断材料になり得るのです。

食欲も性欲も同じ欲求のため、欲求の対象を前にした時の基本的な態度は通じるものがあるからです。

例えば、彼の食べ方を「キレイだな、美味しそうに食べるな」と感じるなら、ベッドの上でもあなたが望むような振る舞いをしてくれるでしょう。

一方で、「何だか不快に感じる、食事をしていても楽しくない」と感じるなら、体の相性がしっくりこず、満たされることがないかもしれません。

ベッドでのコミュニケーションは、絶頂を迎えることだけが目的ではありません。どのように楽しむか、相手を心地よくさせるかという過程も大切と言えるでしょう。

体臭が気にならない

生きていれば、誰にでも体臭はあります。その人の食生活や健康状態が反映されることも多いため、重要な指針になるものでもあるでしょう。

しかし不思議なことに、体臭の感じ方は人それぞれ。人によっては心地よく、別の人にとっては不快に感じることがあります。

つまり、体臭といった本能的に好き嫌いが分かれるものを使えば、遺伝子レベルでの相性を見極めることが可能なのです。

 

そのため、相手の体臭をどう感じるかは、最も本能的な欲求、つまり体の相性を判断するポイントとなります。

判断方法はとてもシンプル。気になる男性や、結婚を考えたい男性のあらゆる部位の体臭を嗅いでみるだけです。

体の相性がいい相手なら、どこを嗅いでも気にならない、もしくは体臭すら感じないほど違和感がないはず。

逆に、どんなにハイスペックで素敵な男性でも、隣にいるだけで「うっ……」と息が詰まりそうな体臭を感じるなら、根本的に体の相性ひいては遺伝子レベルでの相性が良くないと言えるかもしれません。

手を握るとしっくりくる

Love

ベッドを共にしなくても、体の相性を見極める方法はあります。それでも、実際に肌を合わせてみないとしっくりくるかどうかはわからない、と考える女子もいるでしょう。

体の相性はとてもデリケートな上、女性にとっては精神的な部分も影響するもの。そのため、少しでも肌を合わせて確認することも大切と言えるのです。

そこでチェックしたいのは、手を握った時の感覚。手は、体の部位の中でも比較的触れやすい部分ですから、出会ってから早い段階で相手との体の相性を確認したいなら、手に注目してみましょう。

しかし、いきなりギュッと彼の手を握るワケにはいきません。

そこでオススメなのは、挨拶代わりに握手をするということです。「よろしくお願いします」「今日はありがとう!」と、どんな挨拶でも構いません。確実に彼も握り返してくれる状況を作ってしまいましょう。

その時はあれこれ考えず、手を握った時にしっくりくるかどうかのみを確認してみて。

ずっと見つめ合える

どんなに体の相性が良さそうだと確信できても、あなたの気持ちがついてこなければ意味がありません。彼と一緒にいてドキドキするか、彼に見つめられると「抱きしめて欲しい」と感じるかどうかが大切です。

最後に体の相性を確かめるなら、彼と見つめ合ってみて。もし彼もあなたと親密な仲になりたいと考えているなら、目をそらさずにまっすぐあなたを見つめてくれるでしょう。

「目は口ほどにものを言う」ということわざがあるように、彼と見つめ合って違和感がないなら、彼はあなたを大切に想ってくれているはず。

親密でよりよいパートナーシップを築くためには、心と体の相性のどちらも欠かせません。

気になる男性、将来を見据えた交際をしたい男性がいるなら、ぜひ試してみてください。

【関連記事】

会話中にチェック!気になるカレのしぐさで分かる二人の相性

婚約したカップルに聞く!セックスよりも大事な「相性」って?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板