fbpx

性病検査って何するの?アラサー女子が実際に受けてみた

12月1日は「世界エイズデー」だったのをしっていますか。先日アメリカ人俳優チャーリー・シーンがHIVに感染していたというニュースもあり、HIVは現在特に注目を浴びています。しかし、「日本にエイズなんて関係ないわ」と遠い世界の話だと思っている方も多いのではないでしょうか。

「自分は大丈夫」と安心するのは危険かも

「私は真面目なお付き合いしかしていないから大丈夫!」と安心するのは早いです。元彼の元カノの元彼が感染者という場合も考えられます。真面目なお付き合いだとしても、1回でも性行為があれば感染の可能性はあるのです。

実際、日本でのHIV感染者は増加しています。感染経路は主に性行為によるもの。性病は自覚症状がでないものもあるため、検査をして早期発見に努めることはとても大切。でも、性病検査ってなにするの?

検査は無料、匿名でOK、その日のうちに結果がわかる場合も!

「検査代が心配」「性病検査を受けたなんて知られたくない」と思う方もいるはず。でも、HIVをはじめいくつかの性病は無料・匿名で受けることができます。もちろん保険証はいりませんので、受けたことは誰にも知られません。病院以外でも検査ができますし、土日や夜遅くに検査が実施されていることもあります。

筆者はまず、「HIV検査相談マップ」というサイトで検査ができる施設や日時を調べました。施設や日時によって検査ができる性病の種類は違いますが、筆者は「HIV」と「B型肝炎」が同時に検査できるものと、「クラミジア」「梅毒」をチョイス。すべて予約不要のものを選びました。

まずは血液検査で即日結果のHIVとB型肝炎を受ける

筆者が向かったのは某区役所。まず、こちらでHIVとB型肝炎をセットで受けられる血液検査があります。受付開始時間から数分経ったころに行きましたが、すでに数人の男女が待合室で待機。だいたい30代前後の方々でした。

受け付けでは最初に問診票を渡され、「検査は何度目か」「感染した可能性のある日」「感染した可能性があると思う理由(相手が感染者だった、コンドームなしの性行為をしたなど)」「性行為相手は異性か同性か」などの質問に答えていきます。ちなみに、HIVは感染の可能性のある日から3ヶ月以上経過していなければ正しい結果ができないということもあるそう。性病によって検査を受けるタイミングがあるようです。

検査は匿名なため、偽名・または番号で呼び出されます。呼ばれたら個室でスタッフの方から検査の流れを説明されたり、不安点を相談できたりします。その後は血液検査を行い、1時間後の検査結果を聞けばこの検査は終了です。

万が一、感染の可能性がある場合はこの段階で結果は出ず、更に詳しい検査をするため結果は後日になります。

現場の雰囲気は明るいものの、医療関係者の話は深刻

待合室の様子からスタッフの応対まで、全体的に明るい雰囲気でした。私は「どよ~ん」とした暗い雰囲気を想像していたので拍子抜けです。これなら居心地も悪くありません。

しかし、怖かったのは医療関係者と面談をしたとき。検査結果を聞く際に医療関係者の方と面談をしたのですが、そのときに性病がどれだけ増えているか、いかに怖いものかいろいろとお話を伺いました。

最悪の場合は死に至るのはもちろん、死は免れても、一生妊娠できなくなる場合もあること。保険に加入していなければ、一部の病気は治療費が莫大なこと。治療費が払えず、治療を諦めた人がいること。どれもこれも深刻な内容でした。「性病なんて自分には関係ない」という考えを改めようと思った瞬間です。

クラミジアと梅毒は血液・尿検査、結果は一週間後

続いてクラミジアと梅毒の検査です。こちらは区役所ではなく保健所での検査。雰囲気や検査の流れは区役所とさほど変わらず、スムーズに検査を受けられました。

ただし、こちらの検査結果は一週間後。電話やメールで結果を聞くことができないので、指定日に検査をした保健所へ行きます。即日にわかったHIVとB型肝炎とは違い、結果がすぐにでないのはやきもきしました。

早期発見のためにも、検査は大切

早期発見なら大きな病気でも治療の余地はあります。大切なのはできるだけ早く病気を発見し、治療をすること。

性病検査は無料で匿名。現場の雰囲気も明るく心配事はすべて専門の方から聞くことができます。

ハードルの高そうな性病検査も、実は気軽に行けるものなのです。1人で行くのもよし、変わったデートとして彼と一緒に行くのもよし、女友だち同士で行くのもよし。自分を大切にするためにも、一度性病検査を受けてみてはいかがでしょうか。きっと、あなたの日頃の疑問や不安が解消されますよ。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板