fbpx

早漏の彼氏でも10倍楽しむセックステクニックとグッズ紹介

彼とたくさん愛し合いたいのに、すぐに終わってしまってガッカリなんて経験ありませんか?

早漏の彼を持つ女性は、「早い人だから」と諦めているかもしれませんね。でも、ちょっとした工夫で彼の早漏にストップをかけられるかも。

今回は、彼の早漏を克服してもっとセックスを楽しむ方法をお教えします。

早漏彼氏に射精を遅らすテクニック

お酒を飲んでからセックスする

男性は、セックス中に相手の女性をかわいいなと感じてしまうと、脳が反応してすぐにイッてしまう人もいます。

そんな時にはお酒の力を借りてみましょう。お酒には、脳の刺激や感覚の刺激を鈍感にする働きがあります。そのため、長持ちさせることができるのです。

ただし飲みすぎると倦怠感が出て、セックス自体したくなくなってしまう可能性も。あくまでもお酒はほどほどが良いでしょう。

彼のアソコを愛撫しない

男性は、触られたり、舐められたりすることで徐々に感度が上がり、イキやすくなってしまうもの。そのため、前戯で彼のアソコを必要以上に触らないこともポイントになります。

その代わり、あなたの体をたくさん触ってもらって、1~2回指や舌でイカせてもらうのも良いでしょう。

挿入前に愛撫しなければ、挿入後はゼロから快感をスタートさせられるため、男性が長持ちするケースが多いんです。

彼に目隠しをする

男性の性的刺激は、視覚からのものが大きいと言われています。

彼の視覚的刺激を最小限にとどめることができれば、射精までの時間が長くなるでしょう。そこでおすすめなのが「目隠しプレイ」。

方法は、彼に「面白いことしよう」と目隠ししてしまえばOK。これなら、目からの刺激がないため長持ちするだけでなく、あなた自身も新しいことをやっているドキドキ感があり、どちらにとっても嬉しいはず。

ただし彼のMッ気が強いと、逆に興奮してすぐにイッてしまう人かもしれませんからご注意を。

前戯をたっぷり取る

早漏を防止するためのトレーニング法なども話題なっていますが、彼にそれを促すのはなかなか至難の業ですよね。

何でもオープンに話せる間柄であれば、女性からオーラルで施してあげるのもありですが、「男性のプライドを傷つけてしまいそうで言い出せない」という女性が大半でしょう。

では、どうすればいいのか。答えは、挿入の前に指やオーラルでたっぷりと愛撫を楽しむことです。セックスでもオーガズムはレディファーストと心得て、彼に「してほしいこと」を伝えてみましょう。

前戯で1度満足していれば、その後の挿入時間が少し物足りないものであっても、さほど不満はたまらないはず。

挿入で満足ができない女性は、「前戯=女性が感じる時間、挿入=彼に快感を与える時間」と発想の転換をしてみるといいかもしれません。

騎乗位で射精をコントロールする

正常位は女性にとって安心できる体位なのですが、男性が自分の好きなように動くことができる分、早く終わってしまいやすいです。

男性がイキにくくなる体位は、女性が主導権を握れる騎乗位。男性の好きに動けませんから、気持ちよい部分に当てることができず射精までの時間が長くなります。

女性がコントロールできる体位なので、彼がイキそうになったら抜くなんてじらしプレイもできますよ。

ちょっとした工夫で、早漏の彼とのセックスもっと長く楽しむことができるかもしれません。大好きな彼とのセックスでたくさんの愛を感じてくださいね。

5月6日はゴム(コンドーム)の日。病気や望まない妊娠から身を守るコンドームですが、実はセックスを盛り上げるアイテムとして使えることをご存知でしょうか。

今回は、思わず試したくなること間違いなしの5種類のコンドームを、彼のセックス傾向別にご紹介します。

早漏彼氏のため役立つアイテム

性欲低めの彼「グラマラスバタフライ・ホット」

中に入れるとじんわり温かくなる新感覚のコンドーム「グラマラスバタフライ・ホット」。女性が感じるコンドームとして有名ですが、男性からも「つけている感覚がわからない」「いつもより感度があがる」と好評な商品です。

「ナマより気持ちいい」という声が寄せられるほど、一度使うと虜になるカップルが多いよう早漏です。コンドームの先端に潤いゼリーがたっぷり入っているので、挿入もスムーズ。セックスがマンネリ気味で、最近彼の性欲がめっきり減ってしまった……とお悩みの女性は試す価値があるかも。

ゴム嫌いな彼には「極薄コンドーム」をつけさせる

基本的にいくら信頼できる彼氏でも婚姻前は、コンドームによる避妊をしたほうが良いですが、そこをどうしてもしたくないというカップルのためにお伝えします。

確かに「感度が落ちるから」という理由でコンドームをつけたがらない男性は多いですよね。そんな彼には「極薄コンドーム」がおすすめ。現在は0.01ミリのコンドームが世界最薄です。

「オカモト」「サガミ」など、日本を代表する二大コンドームメーカーからこぞって発売されていますので、両方を比較してみるのも楽しいかも。

オカモトが発売している「GOKU-ATSU」なら厚さは0.1ミリ。通常のコンドームの3倍も厚いため、どんなに敏感な彼でも持続性がUPすること間違いなしです。

前戯では盛り上がっていても、入れて間もなく男性が発射してしまうと、重たい空気が流れますよね。「早くてごめんね……」と落ち込む彼にどんな言葉をかけたらいいのか困ったことのある女性も多いことでしょう。

男性にとって「早漏」は死活問題です。セックスに対して自信喪失してしまうことはもちろん、セックスレスにもつながりかねません。早漏気味の彼には、厚みのあるコンドームをすすめるといいでしょう。

すぐ2回目を求めるのは避けて

満足できなかったからといって、セックス後にすぐ2回目を求めてしまうのはNG。

男性の生理を考えると、射精直後は体に性的な反応がなく、無反応期という時間があります。この期間、男性は性的な緊張から一気に解放されて体が弛緩状態になり、性的刺激にまったく反応しなくなるのです。

だからセックス後にその気になれないのは当然。あまりしつこくベタベタすると、嫌な気持ちになる人もいるほど。そのため、2回戦まではしばらく時間を置き、彼が回復するのを待つことが大切です。

体の仕組みもオーガズムの波も、まったく違う反応を示す「男と女」。ときには不満が募ることもありますが、お互いの体を理解し、思いやりをもって向き合っていきたいですね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板