fbpx

彼をベッドに誘うテクを学べる恋愛映画4選

彼の膝枕でくつろぐ女性
上手なセックスへのお誘い

セックスしたいけど、どうやって彼を誘ったらいいかわからない……そんなシャイな女子もいるのではないでしょうか?セックスにはムードとテンションがとても大切。彼のヤル気をムクムク呼び起こし、激しいセックスにいざなえたら、素敵な夜になること間違いなし!

今回は、どんな女性も上手にセックスに誘えるテクを学べる恋愛映画をご紹介。内容を楽しみながら、上手なベッドへの誘い方も習得しちゃいましょう。

アウトドアで心身解放!「ショコラ」

まずは、心も体もリフレッシュされるタイミングでセックスに誘う方法。ご紹介する映画「ショコラ」は、2000年に公開されたアメリカ映画で、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでブレイクする前のジョニー・デップが、セクシーすぎるジプシーの男性を演じています。

ある日、フランスのある村に、1組の母娘が太古から伝わるチョコレートの効能を伝えるためにやってきます。村の老婆に借りた物件でチョコレート屋さんを開きますが、保守的で閉鎖的な村人たちはなかなか母娘を受け入れません。しかし、2人が作るチョコレートの美味しさと不思議な魅力が、徐々に人々の心に変化をもたらします。そんなある日、村にジプシーの一団が訪れて……。

注目すべきシーンは、主人公の母がジョニー・デップ演じる青年とテント付きヨットの中で2人きりになるシーン。そこで気持ちが解放された彼女は、涙を流しながらに今の生活への悩みを打ち明けます。その姿を見た青年は、思わず彼女にキスをし、そのまま肌を重ねるのです。

心身が解放される自然の中なら、素直なあなたになれるはず。主人公のように体を横にしてリラックスしながらおしゃべりをすれば、自然と彼の胸に飛び込めるかもしれませんよ。

不意打ち!「バニラ・スカイ」

続いてご紹介するのは、2001年のアメリカ映画「バニラ・スカイ」。主演はトム・クルーズ、ヒロインは無邪気なセクシーさが魅力のペネロペ・クルスです。1997年のスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」を、ラブストーリーを軸に大胆にリメイクした本作は、恋愛の甘さと切なさで、胸がギュッとなるステキな作品です。

殺人容疑で逮捕された仮面の男デヴィッド。かつて彼は、富、地位、ルックス、そして女性、全てにおいて何不自由ない生活を送ってきました。ある日、これまでにない恋に落ちた彼は彼女との将来を望みますが、嫉妬深いガールフレンドが図った無理心中に巻き込まれて重傷を負います。ハンサムなルックスも、地位も失った彼の周囲では奇妙な出来事が起きはじめ……。

ここで参考にしたいのは、ペネロペ・クルスの寸止めプレイ。彼女に一目ぼれしたデヴィッドを家にあげますが、簡単に唇も体も許しません。いけそうでいけない、触れられそうで触れられないギリギリの駆け引きは、セックスを情熱的なものにしてくれそうです。

彼の性欲を極限まで高めて一気にベッドに誘うなら、2人きりになってもキスやハグを禁止してみてはいかが?いたずらっぽく彼に顔を近づけて「キスは、まだダメ」、体を寄せながら「今夜はセックスしないよ」とあえておあずけ状態にすれば、翻弄された彼はオオカミになってしまうかも!

ケンカの後に「(500)日のサマー」

「失恋からスッと立ち直れる映画」でも紹介した本作は、女性が参考にしたいモテテクが満載!今回は、ケンカの後の仲直りセックスへの持ち込み方をご紹介します。

ロマンティストな草食系男子トムは、グリーティングカード会社で働きながら変化のない日々を過ごしていました。そんな時、夏のように奔放で掴みどころがない「サマー」という女性が転職。彼女と真剣に付き合いたいトムに反し、気軽な関係を求めるサマー。トムの恋は報われるのでしょうか……。

どんなカップルにもケンカはつきもの。そこからいかに仲直りするかで、今後の関係が変わる可能性もあるでしょう。そこで参考にしたいのが、サマーの行動。トムとケンカした彼女は、夜遅くに彼の部屋を訪れて「ごめんね」と謝ります。その姿を見たトムは、思わず彼女を抱きしめてしまうのです。

普段、ワガママで少し自分勝手にふるまってしまう女性は、彼に当たってしまうことも多いかもしれません。そんな時は、サマーのように素直に、そして直接「ごめん」と謝ることで、彼のハートを一気に揺り動かすことができそうです。普段とは違う一面を見せることで、情熱的な仲直りセックスができるはず。彼との仲をより深め、心も満たされるセックスをしたいなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大胆に誘惑!「ムーラン・ルージュ」

Sexual teasing

2001年にバズ・ラーマン監督で製作された本作は、華やかなキャバレー「ムーラン・ルージュ」で繰り広げられる究極のラブストーリー。花形の踊り子と若い作家という身分違いの恋は、ハンカチなしでは観られないでしょう。

自由を愛するボヘミアンの世界に憧れる若い作家クリスチャンは、パリ・モンマルトルで「ムーラン・ルージュ」に雇われているアーティストたちと出会います。ひょんなことから彼らの計画に巻き込まれたクリスチャンは、「ムーラン・ルージュ」の高級娼婦サティーンに一目ぼれ。彼の情熱に魅かれて2人は両想いになりますが、大きな障害が立ちはだかり……。

彼に出会った頃の彼女は、女優を夢見る野心的な女性。クリスチャンをパトロンと勘違いした彼女は、何とか彼をモノにすべく大胆にベッドへといざないます。セクシーなランジェリー姿で、妖艶なボディタッチやセックスを連想させる言葉、そしてついには彼をベッドに押し倒してしまいます。この積極性と豪快さは、ぜひ参考にしたいところ。

普段、セックスで受け身になることが多いなら、ぜひサティーンのように大胆になってみましょう!普段と違うあなたに彼もドギマギするでしょうが、欲望のままに「私を抱いて!」「めちゃくちゃにされたいの!」と迫れば、彼も一気にセックスモードへ早変わり。ビンビンになった彼のペニスを見て、「なんてビッグなの!」「今すぐちょうだい!」なんてリップサービスもつければ、激しい夜は約束されたも同然となるでしょう。

ぜひヒロインたちを参考に、彼をベッドに誘ってみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板