夜の生活に義務感……適齢期を逃しがちな女性の陥る落とし穴とは

アラサー女性についてまわる問題と言えば、「結婚」「出産」。本当にこのままでいいの?と思っているとうちに、適齢期を逃してしまうということもしばしば。今回はまさにその適齢期を逃すかどうかの瀬戸際にいるビッチちゃんに、話を聞いてみました。

人としては尊敬できるけど……男の魅力はどこにある?

<プロフィール>

名前:同棲ビッチちゃん
年齢:20代後半
既婚・未婚:未婚
職業:会社員

ビッチちゃん「彼とは付き合って5年、同棲して3年です。学生の頃からの付き合いで、お互いの親にも会ったことはあります。お互いいずれは結婚するつもりではいるんですが……どうも踏み切れなくて。私の気持ちに踏ん切りがつかないんです。本当に彼でいいのかな、と」

田口「彼に対して何か不安があるんですか?」

ビッチちゃん「彼はいい人ではあるんです。見た目も悪くないし、趣味もあうし、ご両親もいい方です。ただ、仕事に対してあまり意欲がないというか。出世するタイプじゃないと思うんですよね。出世欲がないし、ガツガツ仕事するより私生活を充実させたいと考えてるみたいで」

田口「今はふたりとも働いているんですか? そうであれば、生活していくには問題ないかと思うんですが……」

ビッチちゃん「そうですよね。私が働いている会社には産休制度もあるし、彼の実家は都内なのでいざというときに頼れるかなとも思ってます。ただ、正直なところ、このまま彼のことを好きでいられるのかな?という不安があるんですよね。

私は仕事をこれからもバリバリやっていきたいと思ってるし、もっといろいろなことに挑戦したい。だからこそ、彼の仕事の仕方に物足りなさを感じるんです。自分が仕事で頑張れば頑張るほど、自分と同じように仕事を頑張っている男性が魅力的に見えてしまうんです」

田口「まだ結婚の予定は具体化してないんですよね? そうであれば、彼にこだわる必要はないかなと思います。ほかの男性に目を向けてみようという気持ちはあったりしますか?」

ビッチちゃん「他の人っていうのは考えてないです……考えないようにしてます」

田口「考えないようにしてるっていうのは?」

ビッチちゃん「本音を言ってしまうと、やっぱり自分よりも仕事ができる人が素敵だなって思っちゃうんです。でも彼とは学生時代からの付き合いだから、人間的にも尊敬できる部分は多くて。彼は今も生活とのバランスを考えながらマイペースに仕事をしているので、そういう姿勢はむしろ尊敬してるんです」

田口「でも話を聞いていると、彼に男性としての魅力を感じていないのでは、という気がするんですが、どうでしょう? 性生活はありますか?」

ビッチちゃん「夜の営みはあります。子供もほしいので、ご無沙汰だけはなりたくないと思ってて、週に1回必ずするように決めてます。特に彼と約束をしたわけじゃないけど、だいたい土曜の午後とか。

でも私の中では半ば強制というか義務というか、したくてしてるっていう感じがなくて、途中で眠くなってしまうこともあったりして……。

彼も特にうまいわけではなくて、もっと上手い人もいるんじゃないか、とも思うんですよね。そう言ってしまうと、男性としての魅力を感じていない、ということにもなっちゃうかもしれません」

田口「例えば、彼がどうなれば結婚に踏み切れる、というのはありますか?」

ビッチちゃん「いえ……彼がどうこうというよりは、私が『こういうものだ』と割り切れるかどうかが一番問題だと思います。『もしかしたらもっといい人がいるのでは』と考え始めてもキリはないですし、そうしている間に婚期を逃してしまいそうで……

020315

彼女と同じ考えで婚期を逃したという先輩女子も多いのではないでしょうか。

「もっといい人がいるのでは」「この人だけで一生不満なく生きていけるのだろうか」

そう思い始めると目の前の人との結婚に不安を感じてしまいますよね。でもちょっと考えてみてください。

たとえ今最良の人でも、五年後、十年後もそのまま最良の人であるという保証はありません。そう思うと、一番は「この人と何があっても添い遂げよう」、もしくは、「何かあっても自分の力で乗り切ろう」という覚悟のほうが大切なように思います。

ただ、彼女の場合は、迷っているならやめておいたほうが良いのでは?と、私は思いました。もはや義務でしている性生活が、急に改善するということはありませんからね……。

文・田口桃子
女性向け動画サイトGIRL’S CHプロデューサー。女性メディアDOKUJOで「となりのビッチちゃん」連載中。性に対して前向きな女性を「ビッチちゃん」と呼び、普段あまり取り上げられない彼女たちのライフスタイルを世に広めることで日本のタブーに挑戦している。「となりのビッチちゃん Vol.1 – 女性向け動画サイトプロデューサーが語る、女子の最新「夜事情」とは?」

この記事は参考になりましたか?
  • なった! 
  • ならなかった...... 
関連記事
続きを読む

女性の「香り」でその気になったことがある?
読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー