連載「となりのビッチちゃん」~第12回:恋愛体質ビッチちゃん

9月のスピンオフ企画「となりのヤリチンくん」はいかがでしたでしょうか?また機会があれば、ヤリチンくんを紹介してみたいと思いますので、お楽しみに。

というわけで一ヶ月ぶりのビッチちゃん。今週来週は、アラフォーのビッチちゃんを取り上げます。

いくつになっても恋したい!恋愛体質ビッチちゃん

Young couple holding each other on black background

名前:恋愛体質ビッチちゃん
年齢:40代半ば

「肉食女子」の台頭にともなって、影を潜めつつある「恋愛体質」という言葉。常に恋愛していたい、あるいは、何よりも恋愛を優先してしまうという人を指します。

10代20代ならまだしも、そんな体質が30代40代まで続いてしまったらどうでしょうか?

今回紹介する恋愛体質ビッチちゃんは、40代半ばになった今でも、そして夫や子供がいても、いつも誰かに恋しているビッチちゃんです。

恋愛体質ビッチちゃんは、もとはバリバリのキャリアウーマン。ずっと仕事をしてきて、結婚・出産は比較的遅かったと聞いています。

30代後半で子供をもうけ、今も子育て・主婦業と仕事、そして夫以外の男性との「婚外恋愛」と四足のわらじをはいている女性です。

見た目は特別美人というわけでもなく、歳相応のアラフォーの「お母さん」という感じなのですが

発言内容から、結婚が遅かったなりに、その分数々の恋愛をしてきたのだろうという雰囲気が感じられるような女性。

また、セックスも大好きなようで、そういう話題にも積極的に発言してきます。(もちろん恋愛の話も大好きですが……)

いわゆる女子会の場では、夫や子供がいることはみんな知っているのに、今つきあっている“彼氏”の話を出してきたり、セックスの話に積極的にノッてきたりします。「まだイッたことないの?あの感覚を知らないなんてもったいない!」という主旨の話をされたときは、さすがに私もびっくりしてしまいました。このように、恋愛・セックス大好きっぷりを毎回披露しています。

そんな恋愛体質ビッチちゃんに、最近の恋愛事情を聞いてみました。

田口「今付き合っている人はいますか?」

恋愛体質「今は一人だけ、Aくんです。何年も前から付き合ったり連絡とらなかったりを繰り返してる人」

田口「あれ?前に聞いた人と違いますよね?」

恋愛体質「あ、Bくんのことかな……彼とは結構前に別れたよ。お互いの環境の違いで、あんまり会えなくて……」
※ちなみに、私が前聞いたときには、10歳ほど下の、地方在住の男性のBさんとお付き合いしていました。

田口「彼氏の存在が旦那さんにバレたりしたことは?」

恋愛体質「それがちょっと前にバレて。大変でした。夜は外出しちゃだめとか、土日もひとりでどこかに行くときはどこで何をするかを告げなきゃいけなかったりとか。
でも夫のことは愛しているんです。それに子供もいるから、絶対に離婚はしたくないので。むこうも離婚を切り出してはこなかったので、もうこれっきりということでそのときは丸くおさまりました」

田口「これっきりといいつつも、一人彼氏はいるんですよね?」

恋愛体質「うん、でもそれ以外で連絡をとっていた2~3人とは連絡とらなくなったし、新しい彼氏を作ろうとも思ってません。バレてから夫からの締め付けも厳しくなって。外出もできなくて、今は月に1回くらい、昼間に有給とって彼氏と会ってます」

1つの愛を貫ける?本当の愛を考えさせてくれた彼女

Detail of bride's roses bouquet and hands holding

恋愛体質ビッチちゃん曰く、夫のことは家族の一員として心から愛しているとのこと。もし離婚なんてことになったら自分がどうなってしまうのか考えられない、とも言っていました。

家事や育児も積極的にこなし、家庭は円満。それなのに、彼氏がいることは当たり前。

恋愛体質ビッチちゃんは、その理由を「ときめきがほしいから」と言っていました。

ちなみに、子供を産んでからもう何年も、夫とはセックスレスだそうです。身体的な問題もあるようですが、互いになんとなしに求めなくなったとのこと。

そういう意味でも、心も体も「キュンとする」瞬間が家庭の中にはもうないのかもしれません。

では、結婚したら、夫にはときめかなくなってしまうのでしょうか。

「一生愛していく」と誓って結婚に踏み切るのに、なぜ婚外恋愛をしてしまうのか。

それとも、結婚においての「愛」と、ときめきを求めた「恋愛」とは違うものなのでしょうか。

昨今、芸能界での不倫のニュースが多く、その度に当事者たちはものすごく批判されていますよね。

もちろん不倫はよくないことです。悲しむ人がいっぱいいます。でも、全く不倫をしないで終える一生が必ずしも正しいとは言い切れないと思います。

ですから、不倫から抜け出せないビッチちゃんたちは、ときめきを求めた恋愛を繰り広げればいいんです。それ自体は批判されることではないと、私は思うので。

男女雇用機会均等法以前は、女性は男性ほどの社会的地位が認められておらず、ひとりの夫に一生をささげるしか生きていく道はありませんでした。

だから結婚したら、一生夫を愛し続けなければいけなかったのだと思います。だって自分や子供たちを養っていってくれている人なのですから。その人に捨てられたら、食いっぱぐれてしまいます。

ですが、現代は違います。

女性もある程度自分の力で働き、収入を得ることができるようになりました。結婚して、その人に捨てられても自活できる道は残されています。

だから、昔ほど、婚姻関係にとらわれて生きる必要はないと思うのです。

はじめから結婚をしないで暮らしていくこともできますし、不倫や離婚が、一生の過ちになる世の中ではないのです。一生の過ちにしようとする“人間”がいるだけで……。

不倫や離婚は、まだまだ世間から見たら後ろ指をさされる場面もあるかと思いますが、覚悟の上で、自分がどうしてもそうしたいのであれば、その選択肢は残しておいてもいいのかなとも思います。

ちなみに、恋愛体質ビッチちゃん。次に婚外恋愛がバレたら、今度はさすがに離婚になるそうです。今のAくんとの婚外恋愛に、その覚悟があるのかどうかは別ですが……。

>>田口が働く「GIRL’S CH」はコチラから!

この記事は参考になりましたか?
  • なった! 
  • ならなかった...... 
続きを読む
関連記事

【男性限定】「彼氏いない暦=年齢」って何歳までなら重たくないですか?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...

関連カテゴリー