fbpx

不倫の末に元妻は妊娠?全てを失ったベッキーから学ぶべきこと

ベッキー
出典:Becky ベッキー (@becky_dayo) (Instagram)

不倫騒動により活動を自粛していたベッキー(32)が、13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で復帰することが発表された。報道によると、ベッキーがロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)の元夫人に対し、ゴールデンウィーク中に直接謝罪。禊は終わったとして、芸能活動復帰に至ったようだ。

しかしここにきて、再び不穏な空気が。某サイトが5月11日に掲載した記事の中に「慰謝料や現在元妻のお腹の中にいる子供の養育費などの請求は考えられます」という記述があるのだ。これがもし本当であれば、ベッキーは夫婦の仲を裂いただけでなく、不倫で家庭を壊したことになる。

この不倫の末路に、ネット女子は騒然としている。

「ゲスすぎ」絶えないバッシングの声

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」では、ベッキーへのバッシングの声が絶えない。

「クリスマスにはすでにベッキーとできていたわけで、万が一奥さんが妊娠してるなら同時進行だったということになるよね……本当にゲスすぎる……」

「え、奥さん妊娠中なのにガツガツ押し掛けて謝罪行ったの?」

「人の家庭をぶち壊しておいて、よくしれっと戻って来ようとできるね。こわ」

「真相は不明だけど、どちらにしてもゲスの慰謝料によってはベッキー相手に訴訟するべき」

「もしも仮に、妊娠が本当だとしたら、奥さん妊娠初期に大変な思いをしてたんだね。妊娠がわかって喜んでたところに、愛人連れて実家だもんなー」

今回の件は、きちんと報道されている内容ではなく、関連する記事に記述があっただけ。そのため真偽はわからないが、もし本当だとしたらベッキーの不倫はさらに重罪になると考える人が多いようだ。

中には、過去に川谷と交わされたLINEの中にあった「いいタイミングで出会えた」というベッキーの言葉は、「奧さんの子どもが堕ろせる時期」と憶測をするネット女子もおり、ベッキーは不倫によりますます評価を落とすことになりそうだ。

不倫に陥る女性の中には、相手が既婚者であることを知らずに関係を持ってしまう場合もある。既婚者であるとわかった時点でスパッと辞められればよいが、不倫を続けてしまう女性には寂しさ、自己評価の低さなどの特徴があるため、それを埋めてくれる相手を拒否できないはずだ。テレビで明るく振る舞っていた分、ベッキーの心にも寂しさがあったのかもしれない。

そして、優等生のイメージが強かったベッキーのような「マジメでいい子」こそ不倫にハマりやすく、相手と結ばれるためなら自分勝手な考え方に偏ってしまうのかもしれない。周りの意見も聞けず、盲目的に相手との不倫にのめりこんでしまえば、ベッキーのような女性でも不倫を押し通してしまうのだろう。

不倫で失う大きすぎる代償とは?

ようやく復帰の目処が立ったにもかかわらず、不倫に陥ったベッキーの代償は非常に大きい。どんなに謝罪をしても、かつてのように仕事をすることはできなそうだ。

「もうベッキーの出てる番組は見ないよー」

「(元夫人の)妊娠が本当なら、道義的に復帰どころじゃなくね?」

「妊娠が事実なら、ベッキーは奥さんから夫を奪っただけじゃなくて、赤ちゃんから父親をも奪ったんだね。形式的な謝罪だけしてハイ復帰!とかおかしくない?」

「明日の金スマ出演は結局決定なの?もし奥さんが妊娠してるのが事実なら、謝って済む問題じゃないよ」

「もし妊娠が本当でゲスの子供なら、この先一生その子は周りから可哀想な目で見られるんだろうな。ベッキー本当にこのまま復帰してテレビで笑えるの?」

最も多く見られたのは、どんなに不倫を謝罪しても地に落ちたイメージは回復できないという声。特に、笑顔がトレードマークでもあるベッキーを見ても「笑えない」「見たくない」と考えるネット女子が非常に多く見られた。復帰したとしても、彼女を起用する番組は慎重にならざるを得ないだろう。

不倫の代償はとてつもなく大きい。相手の奧さんからの慰謝料の請求はもちろんだが、社会的信用や不倫に費やした時間も失うことにもなる。特にベッキーの場合は、所属事務所の稼ぎ頭だったこともあり、CM契約の打ち切りなどで4億円の違約金が発生したようだ。これまでのような生活ができなくなってしまう不倫は、相手の家庭だけでなく、自分や周りの人の人生も壊してしまう。ベッキーは、そのことを身をもって私たち女子に示したとも言えるだろう。

一時の気の迷いと快楽を追求しすぎる姿勢のせいで、自分だけでなく相手の家庭も壊すことになる不倫。今回のベッキーの一件を教訓とし、気をつけたいものだ。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板