fbpx

お一人様でもOK!都内の本格的でおしゃれな「オーセンティックバー」女性におすすめなお店12選

大人になったら、映画のワンシーンに出てくるようなおしゃれなバーで、綺麗なカクテルを飲んでみたい。そんな憧れを抱いている若い女性も多いのではないでしょうか?

格式が高く、クラシカルな雰囲気が漂う本格的なバーのことを「オーセンティックバー」と呼びます。

オーセンティックとは英語で「本物の」という意味。お酒の知識が豊富で、多彩な技術を持ったプロのバーテンダーが在籍しているのが、オーセンティックバーの特徴です。

一方、もう少しカジュアルな雰囲気で楽しめるのが、「ショットバー」。

ショットは「ワンショット」の略で、ボトルキープではなく、1杯から量り売りでお酒を楽しめることからこの名前が付きました。

今回は、こういったバーの違いも踏まえた上で、都内でお一人様でも行ける本格的でおしゃれなオーセンティックバーを12選ピックアップ。

いつかデビューしてみたい選りすぐりのオーセンティックバーへ、皆様をご案内致します。

多彩なカクテルが楽しめる「STAR BAR GINZA」

(写真はイメージ画像です)

東京ミッドタウン日比谷、銀座1丁目、京都先斗町にオーセンティックバーを経営している岸久氏。

その原点となったSTAR BAR GINZAは2000年に銀座にオープンした都内屈指の人気店です。

こぢんまりとした店内には、様々なお酒が並んだカウンターとテーブル席を合わせて25席。

定番のジントニックやギムレットはもちろん、日向夏のカクテルといった珍しいカクテルも楽しめます。

職人が握る一人前の江戸前寿司のように、岸氏とその弟子たちが生み出すカクテルはどれも一流の味わい。身も心も酔わせてくれるそんな一杯と出会えます。

アクセスは、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩2分。

営業時間は火~土が17:00~24:00、日・祝は、17:00~24:00。定休日は、毎週月曜日と隔週火曜日。ドリンクの料金の他、座席チャージが1,000円です。

住所 東京都中央区銀座1-5-13 三弘社ビル B1F
電話番号 03-3535-8005
ホームページ https://www.starbar.jp/star-bar-ginza/

クラシカルな雰囲気が大人女子にぴったり「オールドインペリアルバー」

(写真はイメージ画像です)

世界的に有名な建築士フランク・ロイド・ライトの設計による帝国ホテル旧本館。

その雰囲気を今に伝える「オールドインペリアルバー」は、格式高く、クラシカルな雰囲気が大人女子にぴったりのおすすめバー。

1920年代当時の面影を今に残すこちらのバーには、カウンター席20席の他、重厚感あふれるソファー席も含めて全72席を完備。

いちごとラムを使用した「ファーストラブ」といった季節のカクテルから、極上のシングルモルトウィスキーまで、お酒の品揃えも一流です。「レ セゾン」から取り寄せた軽食メニューもありますので、打ち合わせなどに利用するのもおすすめ。

アクセスは、JR有楽町駅から徒歩6分。営業時間は、11:30~24:00まで。定休日はありません。カクテルのお値段は、1杯2,000円前後から。

住所 東京都千代田区内幸町1-1-1
電話番号 03-3504-1111
ホームページ https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/old_imperialbar/

粋な大人の社交場「THE BARみうら」

(写真はイメージ画像です)

1977年創業の「THE BARみうら」は、今年で創業42周年を迎えた銀座のオーセンティックバー。銀座の歴史と共に歩んできた老舗バーの店内は、豪華客船を思わせるようなゴージャスな造りとなっています。

現在は、二代目となるマスターが店を切り盛りしており、提供できるカクテルのバリエーションはなんと150種類!銀座の粋と古き良き時代を感じさせてくれる素敵なバーです。

アクセスは、銀座駅から徒歩4分。

営業時間は、月~金が18:00~翌1:00、土曜は、18:00~23:30。日曜祝日が定休日です。予算はお一人様3,000円前後から。

住所 東京都中央区銀座6-5-11 丸源15ビル 7F
電話番号 03-3571-8545
ホームページ なし

カクテル大会優勝バーテンダーのいる店「BAR 保志」

(写真はイメージ画像です)

世界大会で優勝した経歴を持つ実力派バーテンダー保志氏。

都内6店舗、福島、栃木にも2店舗を経営する人気バーのオーナーでもあります。肩肘張らずにカクテルを楽しめる、そんな雰囲気の店内では、ソルティドッグやブラッディメアリーといった定番カクテルのほか、同店オリジナルのフレッシュフルーツを使用したカクテルも提供しています。

明るく気配りの行き届いたサービスも自慢で、女性に大変人気のあるバーですので、女性一人で飲みに行っても、まったく浮くことはありません!

アクセスは、銀座駅C2出口より徒歩5分。営業時間は、月~金が19:00~翌3:00、土・日は、18:00~翌1:00。定休日は年始のみとなっています。

住所 東京都中央区銀座6-3-7 AOKI TOWER 8F
電話番号 03-3573-8887
ホームページ https://www.facebook.com/pages/category/Bartending-Service/Bar%E4%BF%9D%E5%BF%97-89F-1554652388099013/

料理もお酒も美味しい老舗バー「GINZA1954」

(写真はイメージ画像です)

新橋駅から程近いエリアにある「GINZA1954」は、お酒だけでなく料理も美味しいと評判のおしゃれバー。

店の人気メニューとなっているのが、ボリューム満点のカツサンド(2,000円)。分厚いとんかつが、ふっくらとした食パンに豪快に挟まれたこの一品、見た目と違って一口食べるととても柔らかいので驚きます!

来店する方のほとんどが、このカツサンドをお目当てにしているそう。

ジントニックは1,000円、ボトルキープは6,000円~となっており、ホテルのバーよりやや低めの価格設定です。

アクセスは、新橋駅から徒歩4分。営業時間は、月~金が18:00~翌3:00、土は、18:00~翌0:00。日曜定休となっています。

住所 東京都中央区銀座8-5-15 SVAX銀座ビル B1F
電話番号 03-3571-2008
ホームページ http://www.heartman-ginza.jp/1954/staff.html

伝説のバーテンダーが作る絶品マティーニが最高!「毛利」

(写真はイメージ画像です)

世界大会で優勝経験のある伝説のバーテンダー・毛利隆雄氏がマスターを務める「毛利」。

世界一と評される絶品マティーニは、同店オリジナルのジンを使用して作られます。一切無駄のないステアリング、巧みな技をカウンター越しに眺めるのも、同店を来店する楽しみの一つ。

カウンター席を中心に30席とやや狭めの店内は、女性一人でも気軽に入れる雰囲気です。アクセスは、有楽町駅から徒歩6分。営業時間は、月~金が18:30~翌3:00、土は18:30~23:00。日曜・祝日定休です。

住所 東京都中央区銀座6-5-12 新堀ギタ-ビル銀座 10F
電話番号 03-3573-0610
ホームページ なし

一流の人が集う大人のバー「銀座 テンダー」

(写真はイメージ画像です)

銀座のバーの中では、かなり敷居が高い雰囲気のお店として知られる「銀座 テンダー」。

一流の人だけが集う、高級感あふれるオーセンティックバーです。お店の看板カクテルであるM30レインは、ウォッカがしっかりと効いた珠玉の一杯。

カクテル1杯2,000円前後からとなっています。また、別途カバーチャージもかかりますので、お一人様の予算は3,000円前後から。アクセスは、東京メトロ銀座駅B9出口から徒歩4分。営業時間は、18:00~1:00。日曜・祝日定休です。

住所 東京都中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂ビル 5F
電話番号 03-3571-8343
ホームページ なし

都会の喧騒を忘れて過ごせるバー「どれすでん」

(写真はイメージ画像です)

新宿3丁目にあるバー「どれすでん」は、落ち着いた大人の雰囲気が漂うオーセンティックバー。

創業70年近い歴史があり、親子三代に渡って来店する方もいらっしゃるのだとか。新宿の老舗バーは、都会の喧騒を忘れて過ごすのにぴったりです。

アクセスは、新宿駅東口徒歩1分。営業時間は、月~金が18:00~24:00、土曜は18:00~23:30。日曜・祝日定休です。

住所 東京都新宿区新宿3-22-1 B1F
電話番号 03-3354-7106
ホームページ http://www.sprasia.com/tv/user/dresden/index

ウイスキー好きにおすすめ「新宿ウイスキーサロン」

(写真はイメージ画像です)

国産ウイスキーと「和」をイメージしたオリジナルカクテルが人気の「新宿ウイスキーサロン」。

最難関マスターオブウイスキー資格を持ち、日本のカクテル大会優勝経験のある専門的なバーテンダーが腕をふるいます。

ジャパニーズ・ウイスキーを楽しみたい方におすすめのバーで、山崎、余市、響はもちろん、普段お目にかかることのない国産ウイスキーのボトルがカウンターにズラリと並んでいます!

アクセスは、新宿三丁目駅C6出口から徒歩3分。営業時間は、19:00~翌5:00。年中無休で営業しています。

住所 東京都新宿区新宿3-12-1 佐藤ビル 3F
電話番号 050-5597-3708
ホームページ

https://www.facebook.com/BAR-Shinjuku-%EF%BC%B7hisky-Salon-%E3%83%90%E3%83%BC%E6%96%B0%E5

%AE%BF%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%

83%BC%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3-288175425104680/

名作を残した文士たちに愛されるバー「銀座ルパン」

(写真はイメージ画像です)

無頼派の文士とした活躍した太宰治をはじめ、坂口安吾などにも愛された老舗バー。

創業90周年を迎えた老舗で、バーテンダー歴40年以上の名物マスターが腕をふるいます。ジンフィズに卵黄を合わせた「ゴールデンフィズ」(1,404円)は同店の看板カクテルの一つ。

お通しのきゅうりのお漬物との相性も抜群です。

アクセスは、銀座駅から徒歩2分。営業時間は、火~土が17:00~23:00。日曜・月曜が定休日です。

住所 東京都新宿区新宿3-10-1吉岡ビル2階
電話番号 03-3351-1960
ホームページ https://www.facebook.com/BAR-asgard-954060034631646/

麻布十番の名店「Bar ○(マル)」

(写真はイメージ画像です)

麻布十番の「Bar ○(マル)」は、知る人ぞ知る隠れ家的オーセンティックバー。

サイドカーやモスコミュールといった定番カクテルはもちろん、「Monkey47 のジントニック」 や「季の美 ジントニック」 といったバリエーション豊富なジンのお取り扱いがあることでも有名です。

店内は14席とこぢんまりしており、一人静かに飲みたい方にぴったり。

アクセスは、大江戸線麻布十番駅7番出口より徒歩3分。営業時間は、18:00~翌4:00。日曜定休です。

住所 東京都港区麻布十番2-7-2 2F
電話番号 03-6434-0902
ホームページ なし

六本木で静かに飲めるバー「Le Peu 六本木」

(写真はイメージ画像です)

六本木の喧騒を一切感じさせない「Le Peu 六本木」は、気さくな雰囲気でお酒を楽しめる隠れ家バー。フランス語で頂点という意味を持つLe Peu。フルーツを使ったフレッシュカクテルや、お店の軽食メニューのカレーも人気です。

店内は、カウンター席12席のほか、ソファー席も12席あり、ゆったりとくつろげる雰囲気です。また、個室もありますので、お忍びデートにも最適。アクセスは、東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口より徒歩1分。営業時間は、19:00~翌4:00。定休日は、お盆と年末年始です。

住所 東京都港区六本木6-7-7 ラ・レンヌ六本木 B1F
電話番号 03-3403-3463
ホームページ http://www.le-peu.com/

素敵な空間で感性を磨く

お一人様でも行きやすい、都内の本格的なおしゃれバーを12選ご紹介致しました。

銀座、新宿、六本木とお仕事帰りなどにも行きやすく、それぞれのオリジナリティと高級感のあふれる素敵なバーでカウンターに一人静かに座っていただくお酒は、格別の味わいです。

この週末は、いつもより少しおめかしして、大人の時間と極上のカクテルを楽しめるオーセンティックバーへ足を運んでみませんか?

(関連情報)

東京でおすすめの博物館&美術館7選!人気の企画展から入場無料で思いっきりアートを楽しめる常設展もおすすめの施設をご紹介

お一人様って最高!東京&周辺で楽しめる話題のソロ活、お店から温泉・お寺まで12選をご紹介

お散歩感覚で気軽に行ける!女子会にもデートにもおすすめの東京23区内キャンプ場&バーベキュー場7選

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板