fbpx

DOKUJO料理部:塩レモンを使いこなそう 基本の作り方と簡単レシピ5選

数々のメディアに取り上げられ、一躍大ブームを巻き起こした魔法の調味料「塩レモン」。

レモンと塩を使って簡単に手作りできる上に、料理のレベルをぐんと上げてくれるのが人気の理由です。

一方で、いまいち使い方がよくわからないという意見も多々あります。

そこで今回は基本の作り方と、塩レモンを使って簡単にできるレシピをお届けします。

1:知っておきたい!塩レモンの基本の作り方

塩レモンとは、モロッコ発祥の塩をレモンに漬けて熟成させた調味料を指します。

レモンにはビタミンCが含まれるので美肌効果はもちろん、魚の臭みを取ったり、肉を柔らかくする効果もあります。

料理研究家の赤坂みちよさんが2012年に料理雑誌で紹介し、自宅で簡単に作れて長期保存ができる万能調味料として広まりました。

こちらでは塩レモンの基本の作り方をご紹介するのでぜひチャレンジしてみましょう。

<用意するもの>

・レモン2つ(約200g)

・レモンの重さ1割の塩(20g~40g)

・煮沸した瓶

<作り方>

1.まずはレモンをしっかり洗って、ふきんで水気をしっかり拭き取ります。

農薬が気になる場合は輸入レモンより、国産レモンがおすすめ。

2.レモンを縦に4等分したら、中心部分をV字にカットして種を取り出し、さらに細かくカットしておきます。

料理の飾りなど見栄えを良くしたい場合は、輪切りにカットして漬けるのもおすすめです。

3.煮沸した瓶にレモン、塩の順で交互に重ねていきます。

4.すべて入れ終わって蓋をしっかり閉じたら、冷蔵庫に入れて寝かせます。

1日1回取り出して上下に振ってレモン汁をしっかり行き渡らせましょう。

1週間程度経って、レモン汁にとろみがついてきたら完成です。

使用する際には清潔なスプーンを使ってすくい、1か月を目安に使い切りましょう。

2:大人気♪塩レモン鍋を作ろう

塩レモンを使ったレシピで大人気なのが塩レモン鍋。

酸味と塩気のバランスが抜群な塩レモン鍋はおいしいと大人気♪

さらにレモンの輪切りを鍋に散らすことで見た目も美しいおもてなしの1品になります。

家族や友人、恋人と鍋パーティーするのにもぴったりのメニューなので、ぜひ覚えておきましょう。

<用意するもの>

・輪切りの塩レモン3~6枚

・だし汁300ml

・豚薄切り肉(豚小間でもOK)200g

・白菜1/4個

・エノキ1/2袋

・人参1/4本

・ブラックペッパー適量

<作り方>

1.洗った野菜と豚肉を食べやすい大きさにカットし、鍋の中に並べて入れたら、強火で沸騰させる。

2.ぐつぐつしてきたら中火にし、レモンの輪切りを上に並べてさらに煮ます。

全体的に火が通ってきたら火を止め、ブラックペッパーを上に散らせば完成です。

煮すぎると肉が固くなってしまう上に、レモンの苦みが強く出てしまうので注意しましょう。

3:塩レモンで簡単!即席サケクリームパスタ

ランチや疲れた時の夕ご飯にピッタリなのが塩レモンを使ったサケクリームパスタです。

茹でたパスタと一緒に和えるだけなので洗い物も少なく、手早く作ることができます。

うまみ成分がぎゅっと詰まった塩レモンを使えば、少量でもおいしいパスタが作れます。

<用意するもの>

・お好みの種類のパスタ 100g

・塩レモン汁 小さじ1

・トッピング用塩レモン 1切れ

・牛乳 150ml

・オリーブオイル

・小麦粉 適量

・サケの切り身1/2切れ

・刻んだ大葉 適量

・塩コショウ 適量(塩鮭を使い場合はなしでもOK)

<作り方>

1.パスタは塩を入れたたっぷりのお湯で、パッケージの表示通りの時間茹でます。

2.サケの切り身は骨や皮を取り除いて小麦粉をまぶし、オリーブオイルを熱したフライパンで焦げないように気をつけながら炒めます。

3.牛乳と塩レモンをサケを焼いたフライパンに投入し、弱火で煮て塩コショウで味を調えます。

とろみがついてきたら茹で上がったパスタを入れて軽く和えたらお皿に盛り付けます。

仕上げに刻んだ大葉と小さくカットした塩レモンを飾り付けたら完成です。

4:チキンステーキも塩レモンでさっぱり♪

脂っぽさが気になるチキンステーキも塩レモンを使用することでさっぱり食べることができます。

チキンとレモン、塩の相性は抜群!

スピーディーに作れて見栄えも良いのでパーティーなどのおもてなしの一品にもおすすめです。

<用意するもの>

・鶏もも肉1枚

・塩レモン輪切り2、3枚

・塩レモン汁小さじ1

・白ワイン1/2カップ

・オリーブ適量

<作り方>

1.オリーブオイルを熱したフライパンで温めます。

2.下処理をした鶏もも肉を皮目を下にして入れ、強火でカリッと焼き目をつけたらひっくり返し、両面に焼き目をつけます。

3.焼き目がついたら塩レモンのスライスをのせ、白ワインを入れたら蓋をして中火で蒸します。

4.油をキッチンペーパーを使って拭き取ったら、塩レモン汁をかけ、軽く火を通したら完成です♪

お好みでニンニクやブラックペッパーをプラスすると、男性も大満足のスタミナメニューに変身します。

5:ダイエットにも♪豚肉のネギ塩レモン蒸し

塩レモンには代謝を活発にするクエン酸が含まれており、糖質や脂肪の代謝を活発にし、痩せやすい体に変えてくれる効果があります。

さらに、コクのある塩レモンを使うことで塩分を控えることができ、女性の大敵であるむくみ防止にも役に立ちます。

豚肉の塩レモン蒸しは余分な脂を使わないのでヘルシーな上に、野菜をたっぷり取ることができるのでダイエットメニューにぴったり!

スタイルが気になってきたという方はダイエットメニューとして加えましょう。

<用意するもの>

・塩レモンの輪切り3枚もしくは塩レモン大さじ1

・豚薄切り肉100g

・もやし1袋などお好みの野菜

・細かく切ったネギ適量

<作り方>

1.もやし1袋を耐熱皿の上にのせたら、その上から豚薄切り肉、レモンの輪切りの順に並べて、細かくか切ったネギを散らす。

細かくカットした塩レモンを使う場合は大さじ1を上から回しかける。

2.ラップをふんわりかぶせたら、電子レンジで600wなら5分ほど加熱し、1分ほどラップをかけたまま蒸したら完成。

6:オイルに混ぜるだけ!お手軽ドレッシング

そのままかけても十分おいしいですが、オリーブオイルに調味料と一緒に混ぜるだけで簡単に風味豊かなドレッシングができます。

カルパッチョなど魚料理にかければ、嫌な臭みを消してくれるのでとても食べやすくなります。

さらにサラダにかければおしゃれな一品に変身するのでドレッシングが欲しい時はささっと作ってみましょう。

<用意するもの>

・オリーブオイル大さじ4

・ブラックペッパー適量

・塩レモン小さじ4

・砂糖小さじ1

・お酢小さじ1

<作り方>

1.瓶から取り出した塩レモンをみじん切りにカットします。

2.オリーブオイルにカットした塩レモンとすべての調味料を入れてしっかり混ぜます。

3.出来上がったドレッシングはサラダやカルパッチョなどにかけて早めに使い切りましょう。

万能調味料「塩レモン」でおいしく健康になろう

今回は塩レモンの作り方と簡単おいしいレシピをご紹介しました。

肉料理、魚料理、サラダなど様々な料理にマッチする塩レモンはストックしておくと便利な万能調味料です。

簡単に作れて、ダイエット効果、美肌効果、減塩効果がある便利な調味料を使わないのはもったいない!

この機会に作り方とレシピを覚えて、健康でバランスの良い体を目指してみましょう。

関連情報

DOKUJO料理部レポート:リラックスタイムにおすすめのお茶7選

DOKUJO料理部レポート:柚子を丸ごと活用できちゃう便利な使い方7選

DOKUJO料理部:冬のホットドリンクで温まろう!おいしい簡単レシピ5種類

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ