fbpx

インテリアにおすすめな癒される観葉植物の選び方

いろいろと家具を揃えてみたけれど、部屋に何か物足りないなと思ったことはありませんか?

そんな時はお部屋のアクセントとしてグリーンを取り入れると、ぐっと垢抜けて雰囲気が良くなりますよ。

おしゃれなインテリアに欠かせない、青々とした葉が美しい観葉植物は、空気をキレイにしたり、癒し効果があったり、置いておくだけでいいことがたくさん。

今回はインテリアに加えたいおしゃれで育てやすい観葉植物をご紹介します。

ミニサイズでも育てられる「パキラ」

ミニサイズでも育てることができるパキラは、ワンルームなど置き場所が限られる方におすすめの植物です。

観葉植物の中でもトップレベルの人気を誇るパキラ。

剪定にも強く、発芽力も強いので初心者の方でも簡単に育てられます。

日なたを好みますが、日陰の室内でも育てることが可能!

日陰で育てる場合は、午前中だけ3時間程度の日光浴をさせましょう。

また、水耕栽培もできるので、土を洗い流したパキラを水を入れた花瓶に挿しても楽しめます。

ハート型の葉が可愛い「ウンベラータ」

ハート型の葉が可愛いと大人気なのがウンベラータ。

SNSやインテリア雑誌でもよく見かける人気の観葉植物です。

日当たりの良い場所を好む植物なので、年間を通して日が当たる部屋に適しています。

成長のスピードが速いので、フォーカルポイントになる大型の観葉植物が欲しい方におすすめ。

年間を通して水やりのやり方を変えるなど手間は必要なため、お世話を楽しみたいという方にピッタリです。

南国ムードが味わえる「ソテツ」

 

お部屋を南国風にしたい方にぴったりなのが、南国ムードあふれるソテツ。

成長が遅く、姿があまり変わらない植物なので、剪定する必要があまりないのも嬉しいポイント。

大きくなるまで時間がかかるので、ミニサイズの状態で育てたい方にもピッタリです。

また、病害虫にも強く、水やりもたまにやる程度で大丈夫なので、こまめな世話が難しい方にもおすすめ!

10年、20年と長く付き合える植物なので、じっくり育てたいという方に選ばれています。

風水パワーで幸せを運ぶ「ガジュマル」

幸福をもたらす精霊が宿ると信じられているガジュマルは、風水においても取り入れられており、お部屋の運気をアップさせたい方に人気です。

元々ガジュマルは、亜熱帯地域に分布している常緑木なので、水やりと日光だけ気をつけてあげればOK!

水やりは霧吹きで葉が湿るようにスプレーしておけば、元気に育ちます。

また、室内の日当たりの良い場所に置いておくとツヤツヤとした美しい葉をつけます。

葉は斑入りのタイプもあるので、好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

幹の種類が豊富な「ユッカ」

シャープな葉がクールな印象のユッカは、モダンなお部屋にマッチする観葉植物。

日当たりの良い場所を好み、温かい時期はたっぷり水を与える必要があります。

差し木や幹差しで増やすこともできるので、ある程度成長したら増やすのも楽しいですね。

さらに春と秋の年2回は胡蝶蘭に似た美しい花を咲かせるので、花も楽しみたいという方におすすめです。

種類によって幹がないタイプ、太い真っ直ぐの幹のないタイプ、曲がっているタイプ、枝分かれしたタイプと印象が異なります。

様々な種類があるので、自分好みのユッカを見つけてみてください。

深い切込みの葉が特徴「モンステラ」

深い切込みが入った葉がおしゃれと贈り物としても人気のモンステラ。

虫がつきにくく、病気にもなりにくいため、初心者向きの大型観葉植物です。

葉がたくさん増えるタイプではないため、剪定が最低限でOKなのも人気の理由で、成長するにつれて様々な方向に向かって葉を伸ばし、ボリュームのある姿に変身します。

2~3年に1回鉢植えが必要なので、どんどん大きく育てたいという方に向いています。

モンステラは成長スピードが速く、大型の観葉植物なので、広めのお部屋の方におすすめです。

丈夫で育てやすい「サンスベリア」

丈夫さと育てやすさで人気のサンスベリアは、あまり頻繁に手入れができないという方にも育てやすいグリーンです。

空気清浄効果が高く、置いておくだけで部屋の空気をキレイにしてくれるのも、支持されている理由の1つ。

シャープで真っ直ぐに伸びる葉は、模様が美しく、コンパクトなので場所を取りません。

また、日当たりを好むタイプが多い観葉植物ですが、サンスベリアは日陰でも育てることができます。

乾燥にも大変強く、2~3週間水やりを忘れた程度で枯れることはありません。

土が乾燥したら水をたっぷり与える程度のペースで上げれば十分なので、非常に楽ですね。

仕事が忙しく、あまりお手入れができないという方は、サンスベリアからチャレンジしてみましょう。

観葉植物でお部屋を清々しい空間に

インテリアにおすすめの観葉植物をお届けしました。

見た目も性質も様々なので、自分のライフスタイルやインテリアに合ったタイプを選びましょう。

育てやすく、お部屋のアクセントになる観葉植物は、インテリア初心者の方にもおすすめです。ご紹介した観葉植物でお部屋をおしゃれな空間に変えてみてはいかがでしょうか。

関連情報

運気が上がる!一人暮らし女子向け断捨離のコツ

北欧家具を選ぶならコレ!人気ブランド4選と入手しやすい通販ショップ3選

【マンガ解説】婚活のプロが明かす、「結婚できる女とできない女」の決定的な違い
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板