男が唇をなめる……あなたへの脈アリ度が3秒でわかる「男性の心理」4つ

言葉、姿勢、声、座り方……実は「 男性の行動 」にもちょっとしたコツがわかれば、相手の心理を見抜くのはとても簡単なことなんです。

そこで今回は「 男性の行動 」をもとに、相手から自分へのラブ度数を測ってみましょう。

男の心理:『オレが』『ボクが』を多発するケース

もし、今まで話を聞くばかりだった人がいきなり自分の話をベラベラしゃべり続けてきたら。「私の話、つまらなかったのかな・・」と気に病む必要は全くありません。これは、相手から自分への、好意の芽生えの証です。

まだそこまで親しくない相手を魅力的と感じている場合、自分自身を印象づけてアピールしたいという心理が働きます。この現象は「自己開示」と呼ばれ、多くの片思い中の人から検知されるようです。

一人称の多用とは要するに、好意をもった相手に対して「自分のことをもっともっと知って欲しい!」と思っていること。この行動は、ラブ度20%。無意識でも、自分の話を多くしようと務めている男性は、あなたに好意を抱いていると考えて良いでしょう。

男の心理:会話中に視線をそらすケース

一見逆のようにも思えますが、会話中に目をそらさない人はかえって警戒している可能性大。目から情報を取り入れようと必死になりすぎて「相手に隙を与えたくない」という心理が強くはたらいてしまうそうです。

この行動を出した彼は、ラブ度50%。ほどよく緊張と警戒がとけて適度な視線のそらしが出来るような二人は、スムーズな会話を生み出し、居心地のよい関係を形成していると言えます。

また、もう一つのチェックポイントが「まばたき」。じっと見つめてきて少なすぎるのも、言葉を発する度にして多すぎるのも、あなたに恐れを抱いているか、緊張している状態にある証拠。ちょっと意識して見てみてください。

男の心理:唇を舐めるケース

人間の神経の構造として、笑うときには目より先に口が動くんだそう。顔の部位の中でも、喜びや幸せな感情が表れやすいのが口元であるためです。

赤ちゃんの頃の記憶は、体が覚えています。母乳を吸っていた記憶も潜在意識に残っており、口元がゆるむのは食事を終えたときのような自然な状態でいることを示します。

あまり頻繁に舐めているのも不自然ですが、時たまぺろっと舐め取る行動は、「相手と話せて嬉しい」という感情と「でもこれ以上踏み込んだら嫌われるんじゃないか」という程良い緊張感がもたらすものなのです。彼からのラブ度70%といえるでしょう。

逆に、口を真一文字にむすんでいたり、舌を出したりするしぐさは拒絶のサインと読み取れます。たとえば、人間が何かに集中したときに軽く舌を出すのは「集中したい」つまり、邪魔されたくないという気持ちが表れ。

このように口元の無意識な動きでイエス、ノーの意思表示が簡単に読み取れるのです。

男の心理:相手とつい同じ行動をとるケース

二人で向き合って話しているときに、時計を見るタイミングから、水を飲むタイミング、ひどい時には咳をするタイミングまで被った……なんていう経験はありませんか。このように、仲間内でしぐさが似たり、一致したりすることを「姿勢反響」といいます。

これは深層心理で「私もあなたと同じことを考えていますよ」というメッセージを送り合っているとされています。そして親密度が高ければ高いほど、また話題に対する共感の度合いが強いほど、姿勢反響の効果で行動が一致する確率は上がるとのこと。

ちなみに、ある研究によると、親しい人同士の間柄では意識しない動作も含めてなんと24分の1秒のごとに姿勢反響が起こっているとか。

「気が合うな」と感じた男性と会話する際には首をかしげたり、背筋を伸ばしたりしてみてください。

あなたと同じ行動を取るまでの時間が短いほど、相手はあなたに強い信頼の感情を寄せいています。ラブ度は90%。あとはじっと契機を待つのみです。

しぐさをみれば心の9割がわかる!

心理学上、しぐさをみれば心の9割がわかる、とも言われています。もちろんその人体調やストレス状態によってガラリと変わってしまうことも。

しぐさで簡易的に確認した後は、しっかり会話を重ねて距離を近づけていきましょう。

 

こちらの記事もおすすめです。

片思い相手の彼の気持ちを知る方法

 

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...
この記事を読んだ人におすすめ

女性に質問です。結婚相談所でお見合い結婚はあり?なし?
読み込み中 ... 読み込み中 ...

リアクション数ランキング

?>

閉じる