fbpx

婚期を引き寄せる近道!彼に「一生離したくない」と思わせる4つの条件

独身女性が結婚という名の夢を実現するには、何はさておき、まずは一生涯のパートナーとなる相手を見つけなければいけません。そのために、日々、出会いを探し、自分自身を磨く努力を続けている女性も多くいることでしょう。

しかし、結婚したいと思える恋人を見つけたからといって、そこで婚活終了というわけではありません。むしろ、その先に待つ試練の方が険しい道のりとなってくるのです。

というのも、今度は自分だけでなく、相手からも「結婚したい」「 一生離したくない 」と思ってもらう必要があります。二人が結婚という夢を具体的に考え始めて、やっと長きにわたる婚活生活も終わりを迎えるのです。

そのためにも恋人である男性から「 一生離したくない 」と思ってもらえる女性を目指してみましょう。

1.彼のために苦手なことにもチャレンジする

男性によって、結婚相手となる女性に求めることは違います。料理が得意な女性に惹かれる人もいれば、ばりばりと働き良い刺激をくれる女性が理想だという人もいるでしょう。まずは、彼が恋人である自分に何を求めているかを知るようにしましょう。その内容が自分の苦手なことであっても、努力をするという一面を見せるようにするのです。

たとえば、普段からズボラ生活を送っているにも関わらず、彼が家事のできる女性を求めるのであれば、とりあえず簡単な料理から始めたり、定期的に部屋を片付けたりする習慣を作ったりしましょう。

また、ルーズな自分と時間に厳しい彼という関係であれば、彼と会うときだけは遅刻をせず、相手のペースに歩み寄る姿勢を見せるのです。

苦手なことを得意分野にするのは、そう簡単にできることではありませんし、彼が求めるレベルにまで到達する必要もありません。大切なのは、彼のために苦手なことを頑張ろうとする姿を見せること。その一生懸命な様子が彼の心に強く印象づけられるのです。

すると、彼からも「自分のために何か努力をしてくれる女性は彼女しかいない」と今まで以上に特別な存在として見てもらえることができるでしょう。

2.9割までやって残り1割を彼に託す

「彼のために何かしてあげたい」という行為は、恋愛において、女性がよくやってしまいがちなこと。しかし、その度合いによっては、かえって悪い結果を招く可能性もあるのです。

特に彼の身のまわりのことをすべてやり、甘やかしてしまうと、彼女ではなく母親代わりとして見られてしまい、彼自身も徐々にダメンズへと育ってしまいます。間違っても、離したくない存在=彼の世話をやいてあげることだと勘違いはしないように。

もし、彼のために何かしてあげるのであれば、9割まで自分が行い、最後の1割を彼に託すようにしてみましょう。洗濯ひとつにしても、洗って干すまでは自分がやり、最後に畳んで片づけるのは彼に任せる。また、料理を作ってあげたあとは、片付けだけを彼に頼むと良いでしょう。そして、頼んだことを彼が完璧にこなしてくれたら、大げさなくらいに褒めてあげましょう。

その繰り返しにより、彼の自尊心は高まり、もっと褒めてもらいたいからという思いから、積極的に手伝いなどをしてくれるようになります。なにより、最初の9割をこなしてあげることで、彼にとっていなくては困るかけがえのない存在になれるはず。

3.人前でこっそり彼を褒める

一生離したくない

基本的に男性はプライドの高い生き物です。特に彼女である女性からは、尊敬され、頼られたいという思いを強く持っています。そのため、定期的に彼を褒めるという行為は、二人の関係を長続きさせるためにもとても重要な行為なのです。

ただ、直接彼を褒めてあげることも大切ですが、できれば、友だちや職場の人など、共通の知り合いの前で褒めるようにしましょう。

人は直接話しを聞くより、他人伝えで聞いた話の方が強く印象に残ります。周りの人から「彼女があなたのことを褒めていたよ」と聞けば、彼も恥じらいつつ、喜びを感じてくれるのではないでしょうか。

同時に人前でパートナーを立てることができる女性だと思ってもらえるので、彼から結婚を意識してもらいやすくもなるはず。

4.「一緒に○○する」を習慣にする

よく、恋愛において「相手を支えること」は重要だと言われます。とはいえ、一言で支えるといっても曖昧すぎてわかりにくい部分があります。なにより、自分では仕事で悩む彼を励まし、支えているつもりであっても、当の彼本人には「適当に良い言葉を選んで励ましているつもり」なんて思われる場合もあるのです。

そんなすれ違いを防ぐためにも、彼を支えるときは、ただ励ましたり話を聞いたりするだけでなく、「一緒に」という言葉をうまく使ってみましょう。

彼が落ち込んでいるときは、「一緒に頑張ろう」と声をかけ、二人で解決策を練ってみる。また、彼の喜怒哀楽に合わせ、一緒に笑ったり、ときに一緒に泣いたりすることも効果的な方法です。

ただ一方的に支えるのではなく、一緒に何かをしてくれる彼女だと、彼の中でもその存在は大きくなります。どんなときも二人で乗り越えることができるという経験が増えれば増えるほど、彼にとって離したくない女性へと近づくことができるのではないでしょうか。

結婚はひとりでできるものではありません。自分と彼の気持ちがひとつになり、二人の将来を見据えることにより、ようやく手に入るゴール地点なのです。

そのゴールテープを一日も早く切るためにも、彼にとってかけがえのない存在になる努力をしていきましょう。お互いが尊敬し合え、支え合える関係を築いていくことができれば、おのずと婚期も引き寄せられます。きっと、結婚後も夢のように幸せな家庭を築いていけるのではないでしょうか。

【関連記事】

夏よりも感じやすい?寒い冬に「彼女と結婚したい」と思った瞬間

頼もしい彼女にラブ!彼が「君と結婚したい!」と感じる意外な瞬間

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

たった一つの条件を捨てるだけで、みるみる理想の相手と出会える方法って?

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック