fbpx

婚活の参考に!年代、地域別に見る平均年収 年収の高い職業も公開

今回は、婚活の際に気になる男性の年収について徹底的に調査してみました。

年収だけで判断するのはどうかと思いますが、婚活をしていく上で必要最低限の年収というのはどうしても出てきてしまうでしょう。

年代別や都道府県別などで年収をみていくことで、希望の年収をどのくらいに設定したらよいのかというヒントになれば幸いです。

年代別男性の平均年収

国税庁のデータによると、平成28年度の男性給与平均は521万円となっています。(給与=給与所得控除前の収入金額です。)

婚活の際に相手の男性に希望する年収が、この平均からかけ離れていれば、無理難題ということになってしまうので、ある程度どのくらいの年収が相場なのかを確認しておく必要があるのではないでしょうか。

30代男性の平均年収は?

485万円

30代の場合は、年収500万円いかない人も多いようです。そのため、婚活中に30代で年収500万円を超えている人を探すのは少し難しいかもしれません。

40代男性の平均年収は?

598万円

40代になると年収が500万円は超えてくるようですが、やはり人によって開きがあるので、婚活の条件として「年収500万はゆずれない!」とかたくなな姿勢だと、出会いのチャンスが狭まってしまうかもしれません。

50代男性の平均年収は?

655万円

婚活の際、50代をお相手の対象とするかどうかにもよりますが、50代ともなると仕事一筋で気づいたら独身という人もいるので、その場合は要職に就いていることも多く、年収も高い傾向にあるでしょう。

都道府県別男性の平均年収

日本の中でも都道府県によって平均年収が変わってきますが、物価も違うので当然と言えば当然です。

求人・転職サイトのDODAでまとめられた2017年の平均年収についてランキング形式でご紹介しますので、地域ごとの状況を把握し、婚活をする場所で希望とする年収の目安にしてください。

都道府県別男性の平均年収ランキングベスト10

10位 奈良県 434万円

9位 三重県、山梨県 437万円

8位 静岡県 440万円

7位 愛知県 443万円

6位 栃木県 446万円

5位 茨城県 449万円

4位 埼玉県、兵庫県 450万円

3位 千葉県 467万円

2位 神奈川県 498万円

1位 東京都 499万円

やはり首都圏の年収が高い傾向にありますが、それなりに生活費もかかるので、数字だけで単純に比較することはできないかもしれません。

東海地方の年収が関東に次いで多くランクインしているのは、IT系の企業に勤める男性が多いということがあるようです。

都道府県別男性の平均年収ランキングワースト3

都道府県でどのくらいの開きがあるのかということがわかるよう、ワーストもご紹介しておきます。

3位 沖縄県 385万円

2位 新潟県 384万円 

1位 佐賀県 381万円

ここであがっている県は、家賃が安かったり生活にお金がかからないことが多いので、平均年収が低いからといって生活レベルが低いというわけではなさそうです。

逆に年収がこれだけあれば十分暮らせるという目安にもなるのではないでしょうか。

年収1000万円以上の男性はどのくらいいるのか?

男性全体の中で年収1000万円以上なのは、6.71%とかなり少ないですが、これが年代別にみるとさらに少ないということがわかると思います。

平成28年賃金構造基本統計調査結果の概況では、年代別の収入が提示されていますが、このデータでは「賃金」という表記になっています。

給与と賃金の違いは、賃金が給与+交通費と考えれば問題ありません。

30代男性で賃金1000万円以上の人の割合

0.5%

0.5%と言えば、100人中1人いるかいないかという割合です。婚活で高収入を望む人は多いですが、1000万円以上の年収を持つ男性がいかに少ないかということがわかるでしょう。

40代男性で賃金1000万円以上の人の割合

1.5%

40代になると、100人のうち2人いるかいないかという割合になります。それでも少ないですよね。この2人と巡り合える確率を考えると、厳しいと言わざるを得ないでしょう。

50代男性で賃金1000万円以上の人の割合

2.7%

さすがに50代だと、3人いるかどうかのところになりますが、それでも100人のうちの3人です。

こうして数字で見てみると年収1000万円がすごいということがわかるのではないでしょうか。

年収の高い職業とは?

それでは、実際に年収が高い職業とはどんな職業なのでしょうか。

少し前であれば、医師、弁護士といった士業が高収入というのが定番でしたが、近年はITエンジニアやコンサルタントなどの収入が飛びぬけているため、これらの平均年収が高くなっています。

自営業でもこうした職業であれば、高収入が見込めることが多く、サラリーマンだから安心という時代ではなさそうです。

婚活をするにあたって、高収入なエグゼクティブ対象の結婚相談所もあるので、もしもどうしても年収は譲れないという人はそうした相談所に足を運んでみるのも一つの方法かもしれません。

 

こちらの記事もおすすめ!

結婚相談所に行くならおすすめの相談所 関東~北海道編

結婚相談所に行くならおすすめの相談所 東海~関西編

「あなたは大丈夫?」ハイスペ婚活の餌食にならないために

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板