fbpx

結構めんどくさい!?「潔癖男子」と結婚すると苦労する3つの理由

メディアでたびたび話題にあがる綺麗好きすぎる「 潔癖男子 」。掃除を欠かせない、モノが定位置にないと落ち着かない、つり革をさわれないなど、その状況は様々のようです。

今回、オウチーノ総研が「 潔癖男子 」に関するアンケート調査を実施。その結果から、 潔癖男子 と結婚すると苦労しそうなことがわかりました。

1.潔癖男子 は「掃除や洗濯にうるさい」

まず男性に、「自分は『潔癖』だと思いますか?また、他人に『潔癖』だと言われたことはありますか?」という質問をしたところ、約4割の男性が「潔癖男子」であることが判明。その理由は、「自分自身を綺麗に保ちたいから」というものが多くありました。

綺麗好きなうえに、自分のこだわりが強い潔癖男子は、パートナーにもそれを強いる可能性が。もし結婚や同棲をして一緒に暮らすとなると、大変かもしれません。例えば、細かなゴミや汚れがあるだけで注意したり、リモコンなどが同じ場所に無いだけでイライラしたり……。少しでもずぼらな女性やおおざっぱさんな女性は、すぐに息が詰まってしまいそう。

代わりに掃除や洗濯などの家事をしてくれる男性ならいいのですが、自分は何もやらないのに相手にだけケチをつけてくる男性は、結婚には不向きといえますね。

 

2.潔癖男子 は「一緒に外出を楽しめない」

次に、潔癖男子に気にすることについて調査。最も多かったのは「つり革や手すり、ドアノブなどに極力さわらない・さわるのをためらう」という回答で、29.3%にのぼりました。

つり革やドアノブなどは、不特定多数の他人が触れる代表的な場所。不潔というイメージが強いと、触れることを極端に拒否してしまいます。これがエスカレートすると、外出を嫌う原因にもなるのだとか。

外出を一緒に楽しめないということは、デートを心から楽しむことができない、ということにもつながります。どこへ出かけても「触れられない」「食べられない」などワガママを言われてしまうと、こちらも疲れてしまいますよね。アウトドアが好きな女性や外食が主になっている人も増えている中、相手が潔癖だと行ける場所が限られてしまうのは窮屈だと感じてしまいそう。

3.潔癖男子 は「他人が作った料理に抵抗がある」

さらに、潔癖男子に気にすることの中には、「他人が手作りしたおにぎりや料理に抵抗がある」と答えた人が18.8%もいました。潔癖男子の5人に1人と考えると、意外と多いのではないでしょうか。

食事は生活に欠かせないものですが、彼が潔癖男子ならあなたが作った料理をも拒否するかもしれません。特におにぎりなど、直に手で触れた食べ物はNGなのだそう。いくらその人のことが好きでも、せっかく作った料理を嫌々食べられるのはショックですよね。

また、サラダなどの大皿料理を他人と共有することも嫌がります。結婚をして家族になる、ということを考えると、同じお皿の料理が食べられないということは大きな問題なのではないでしょうか。しかし、長い間一緒に生活していけば慣れていくかもしれません。きちんと話し合う場を設けた方がいいでしょう。

きれい好きな男性は好感を持てますが、度が過ぎる潔癖症では生活を共にすることが難しく感じてしまう女性もいるかもしれません。お互いが心地よいと感じるものが同じかどうかが、結婚相手には求められるのでしょう。

【関連記事】

潔癖、マザコンだけじゃない!「結婚できない男」たちに共通する特徴

坂上忍、ロンブー淳を超える「超潔癖症男性」と付き合える?

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ