fbpx

スペイン・アンダルシアのオリーブ産地「ハエン」と周辺の見どころをご紹介

皆さんは普段、お料理にオリーブオイルを使いますか?

オリーブオイルは料理だけでなくメイク落としやマッサージにも使うことができて、特に女性にとっては身近な存在なのではないかなと思います。

日本ではスペイン産やイタリア産のものが入手しやすいと思いますが、世界一オリーブの生産が盛んな国はどこでしょうか。

イタリア料理に使われることの多いオリーブオイル。実は、世界でもっとも生産量が多いのは、イベリア半島に位置するスペインです。

スペインで生産されるオリーブオイルの約70%は、スペインのアンダルシア地方で栽培されています。その中心地となっているのが今回ご紹介する町「ハエン」(Jaen)。

ハエンは、アンダルシア地方を代表する観光都市「コルドバ」と「グラナダ」の間に位置する小さな地方都市。

今回は、日本でもお馴染みのオリーブオイルはどんなところで生産されているのか、生産量世界一の町の魅力をお伝えすると共に、周辺の観光スポットもご紹介致します。

スペイン・アンダルシア地方の「ハエン」とは?

オリーブの一大生産地として知られるスペインのハエン。

人口約10万人ほどのこの町は、8世紀ムーア人が侵攻した時代から、南部の商業都市として栄えてきました。どこかエキゾチックな雰囲気が漂うアンダルシア地方の小都市には、町を見下ろす丘の上に名城「サンタカタリーナ城」がそびえます。

近年では、オリーブの産地として世界中にその名を知られるハエン。

毎年オリーブエクスポも開催されており、同県産のオリーブオイルは元より、世界中の名品が揃う品評会として注目を集めています。

ハエンは、コルドバとグラナダを結ぶ中継地点にある町ですので、周辺の世界遺産と合わせて、観光するのがおすすめです。

「ハエン」周辺の見どころ

1:メスキータ

ハエンの西、車で約1時間30分ほどの距離にあるコルドバは、14世紀にレコンキスタが起こるまでスペイン南部でイスラム文化が花開いた歴史都市。

特に、この街の見どころとなっているのが、世界遺産にも認定された「メスキータ大聖堂」です。

当時は900本を越える円柱が建てられていた巨大な講堂は、かつてイスラム教のモスクと使われていた宗教施設がキリスト教の大聖堂に改宗されたものです。

薄暗い建物の中には、イスラムの聖地カーバ神殿を指し示す「ミフラーブ」が残されています。

2:コルドバのユダヤ人街

ハエン周辺の見どころであるコルドバで、もう一ヶ所立ち寄りたいのが「ユダヤ人街」。イスラム教の支配下にあったコルドバでは、15世紀に入るまでユダヤ人たちが活躍していました。

モロッコなどイスラム圏から伝わった革なめしは、今も重要な産業の一つです。

アラブ諸国との交易で、コルドバに巨万の富をもたらしたと言われるユダヤ人の街には、高価なイスラム美術で彩られた「カサ・アンダルシア」など見どころもいっぱい。

コルドバを訪れるなら、春のパティオ祭りの季節がおすすめ。

3:アルカサル

「アルカサル」とは、スペイン語で「城、砦」を意味します。

アンダルシア地方では、セビリアのアルカサルが有名ですが、ハエンから程近いコルドバにも、「キリスト教徒の王たちのアルカサル」と呼ばれる居城が残されています。

15世紀に完結したレコンキスタの後、アルフォンソ11世がその住まいとしたこの城には、美しいアラブ式庭園が残されています。

異教徒たちの審判の場所にもなったこの城は、2つの対立する宗教が生み出したエキゾチックな歴史遺産の一つです。

4:アルハンブラ宮殿

ハエンから南に約1時間ほどの距離に位置するグラナダには、スペインが誇る世界遺産「アルハンブラ宮殿」があります。

スペイン・アンダルシア地方で栄えた最後のイスラム王朝「ナスル朝」によって築かれた要塞都市。それが「アルハンブラ宮殿」です。

スペイン語で「赤い城」を意味する赤茶けた城の内部には、イスラム建築の最高傑作と呼ばれる「アラベスク」や「ムカルナス」など、当時の王朝の繁栄を今に伝える繊細かつ緻密な建築様式が随所に残されています。

王の夏の離宮として使われた「ヘネラリフェ」は、灼熱のアンダルシアで清涼感を与えてくれる爽やかな水と花々の宮殿です。

アルハンブラの中でも特に美しい名所ですので、どうぞお見逃しなく!

典型的なスペインに出会える街

スペインのオリーブの産地「ハエン」(Jaen)と、その周辺の観光スポットをご紹介致しました。アンダルシア地方は、闘牛、フラメンコ、白い村など、私たちがイメージするスペインの様々な文化が誕生したスペインの故郷。

「もっとも情熱的でスペインらしいスペインに出会える」それがアンダルシア地方の魅力です。

そして典型的な地中海性気候であるアンダルシアは、平地は雨はあまり降らずに乾燥しており夏は40度を超える過酷な暑さになりますが、日陰では気持ちよく過ごすことができます。

オリーブの故郷ハエンはスペインの古都グラナダとコルドバの両方に近い町です。ハエンから、スペインの歴史と文化を尋ねる旅へ出かけてみませんか?

関連情報

地中海の絶景からおとぎ話の町まで!南イタリアのおすすめスポット

世界遺産もアートもてんこ盛り!イタリアの人気4都市を巡る旅!

国際結婚した先輩が語る!恋愛中・結婚後それぞれの国際恋愛のメリットとは?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板